こんにちは、石田淳です。

 

「部下とのコミュニケーション」に悩むリーダー・マネジャーは大勢いることでしょう。

 

「人間関係」の問題は、ビジネス現場において非常に大きな問題です。

 

ただ、人間の行動原理を考えれば、こうした問題にも「解決策」「施策」が

見いだせるものです。

 

5月に発売された新刊

『仕事も部下の成長スピードも速くなる 1分ミーティング』(すばる舎)

が、早くも増刷決定となりました。

 

お読みいただいた皆様に感謝するとともに、ビジネス現場での「部下との接し方」について真摯に考える方がとても多いことを実感しています。

 

この本でも書かれているのですが、最近、多くの企業で顕著に見受けられる

マネジメントに関する問題があります。

 

それは、

「上司が部下を叱れない」

というもの。

 

「まさか?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが今、私たちの元にも数多く寄せられている現場の声なのです。

 

たとえば若い部下に注意をしようとしても、

相手に

「何すか?」

と冷たくあしらわれるのがイヤだから、声をかけたくない、という人もいます。

 

また、少し厳しめに注意をすれば、すぐに「パワハラ」と捉えられ、大企業であれば人事部、中小企業であれば経営陣に報告される……。

 

それが怖くて叱れない、というケースも

 

今はとても多くなっています。

「部下をどう叱ればいいのか?」

「どう接すればいいのか?」

に触れる前に、

 

そもそも、

部下を「叱る」ことの必要性を考えてみましょう。

なぜ部下を叱らなければならないか……。

 

それは

「部下の望ましくない行動、成果に結び着かない行動を

止めるため」

です。

 

当たり前のことに思われるかもしれませんが、じつはこの点を見落としている上司が案外多いものです。

 

そして、なぜ部下に望ましくない行動、成果に結び着かない行動を止めさせなければならないかといえば、それは

「部下に成果を挙げさせるため」

です。

 

これも当たり前のことのようですが、多くの上司が見落とす点でもあります。

 

「部下を変えたい」

「真剣に仕事をしてほしい」

「もっとやる気を出してほしい」

 

それは何のためかといえば、

すべて「成果を挙げるため」に他なりません。

(このことはこのメルマガでも何度かお話ししてきましたね)

 

このいわば「マネジメントの目的」を見誤り、部下の内面に踏み込む「人間教育」をしようとすれば、そこには軋轢が生じてしまうのです。