こんにちは。石田です。

 

新型コロナウイルスの問題が深刻化する現在。まさに世界規模での大騒動となっていますね。

 

多かれ少なかれ、この騒動の影響を受けていない人、あるいは企業は皆無といっていいでしょう。

 

先週お伝えしたとおり、私も「エベレストへのチャレンジ」という大きな目標を絶たれてしまいました……。

 

もちろん個人レベルのみならず、「存続の危機」にまで立たされている企業も数多くあるはずです。まずはこのパニックの終息を願うばかりです。

 

さて、この騒動で一躍注目を集めた〝働き方〟のスタイルがありますね。そう「テレワーク」というもの。おわかりのように、会社に出社せずにZoomやSkypeなどを使ってやりとりをするという、あのスタイルです。

 

今回はいわゆる「緊急措置」的な扱いとして注目されていますが、テレワークは一部の企業では、通常時においても普通に使われているもの。私自身もSkypeによる打ち合わせなどは何度も行なっています。

 

さらに「社員研修」もリモート配信で実施するという企業も続出しています。実際に私たちも、大手企業の管理職研修を完全リモートによるWeb配信で実施しています。働き方のスタイルは、大きく変わっていきます。

 

 

ただし、実はこのテレワーク、今後の「人材の在り方」に、大きな影響を及ぼすかもしれません。

 

どういうことかといえば……。テレワークによって、組織における人材一人ひとりの能力が浮き彫りにされてしまう、ということです。

 

日本のビジネス界では「『早くに出社して、遅くまで会社に残っている』人がえらい」「社員たるもの、何があっても出社するものだ」という価値観が幅をきかせてきました。つまり、社員の能力はさておき、「出社すること」「会社に居ること」が良しとされていたわけです。

 

しかし今、テレワークによって「出社せずに成果を挙げる」ことが求められている……。

 

厳しい言い方をすれば、〝出社するだけ〟で報酬を得ている人があぶり出されてしまうということです。

 

「会社の社員であることが仕事」

 

そんな「不要な人材」が一目瞭然になってしまうわけです。

 

ただ、逆の見方をすれば、この働き方の変化は「個の能力」を上げるための大きな機会です。人ができない理由は、〝やり方がわからない〟か〝わかっていても継続できない〟かのどちらかです。

 

テレワーク、リモートワークで成果を上げている人が具体的に何をやっているのか?

 

それを明らかにしていきましょう。

無料書籍配信中

 

 

リモートワークのマネジメント基本行動の教科書 無料レポート

 

 

【オンライン】従業員の自発的行動を引き出すための行動科学マネジメント無料体験会

 

 

行動科学マネジメント無料個別相談会