株式会社TKC-若手社員を底上げする教える技術研修導入

執行役員 人事教育本部長 田中康義氏
執行役員 SCG営業本部企業システム推進部長 山田千津氏

目次

■近年の新人、若手社員にはどのような傾向が見られますか?

■行動科学マネジメントはどのように研修に取り入れていますか?

■「声かけ」の効果は見られましたか?

■40 代以降のベテラン社員に対する、新たな知識を身につける研修が 注目されていますが

 

■近年の新人、若手社員にはどのような傾向が見られますか?

かつては仕事に対して「考える前にやってしまえ」というパターンの社 員も多かったと思います。

しかし、今の若い社員の皆さんは何かをやる前には、 まずは事前に調べたり、教えてもらってからやる。

事前準備をしっかりやるとい う傾向があると思います。

…(略)

 

 

■行動科学マネジメントはどのように研修に取り入れていますか?

30代中心のグループリーダー研修で「行動科学マネジメント」を実施し たあと、

対象者に3ヶ月間の「メンバーとの接触頻度」「曖昧な言葉を使わない」 等を計測して提出する課題を出しました。

1ヶ月間の成果を3ヶ月にわたり提出 してもらいました。

…(略)

 

—-

全文は下記からダウンロードできます。

 

株式会社TKC

https://www.tkc.jp/

 

行動科学マネジメント研究所 公認 上席インストラクター 上席コンサルタント 甲畑

※ 著作権所有者の許可なく、本資料を複製、転載、改変、編集、再配布、ネットでの公開、販売等することはできません。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。また、秘匿性の高い内容を保護する見地から、自社・個人での活用目的以外で、営利目的の有無を問わず故意・過失によらず情報の公開をした場合は、株式会社ウィルPMインターナショナルより法的措置を講ずることとなります。予めご了承ください。

 

クリックして、フォームよりご相談・お申し込みください。

電話にてお問い合わせする場合は下記からお願いします。