こんにちは。石田です。

 

首都圏各県で不要不急の外出自粛要請。新型コロナウイルスの問題は、日に日に深刻度を増すばかりです。規模の大小にかかわらず、すべての企業にとって今は本当に「存続の危機」的な状況でしょう。

 

「なるべく自宅で仕事をするように」そんな状況の中、前回もお伝えしたようにテレワーク・リモートワークが注目されています。

 

写真のように私たちも社員研修のリモート配信を実施中です。

 

 

 

受講者である社員の方々は、それぞれリモートで在宅勤務をしている状態。満員電車での人との接触もなく、感染リスクを抑えつつビジネススキルを習得されています。

 

「外出自粛」
「在宅勤務」

 

そんななかでも企業は、ビジネスパーソンは、「成果」をつくらなければなりません。なぜなら、それがビジネスというものだからですね。経営者、リーダー、マネジャーの立場にある人は、部下と直接接触することなく、部下に成果をつくるための「行動」を取らせなければなりません。

 

最も望ましいのは、部下が(成果に結びつく)自らの行動を自発的に取ること、そして自ら考えること、です。

 

テレワーク、リモートワークでそれが可能なのかといえば、もちろん可能です。

 

行動科学マネジメントの基本である「具体性」の原則を守り、また相手(部下)の行動が発生しやすくなるしくみづくりは、対面でなくても、じゅうぶんできることです。

 

「非常時だから」
「緊急事態だから」
人間の行動原理は、そのようなことで変わるものではありません。

 

「いまこそ一丸となってがんばろう」
「この危機を何とか乗り切ろう」

 

そんなスローガンを掲げて相手の内面に訴えかけるよりも、相手が「何をすればいいのか」を明確にし、やったこと=行動を確認するべきです。

 

次回、この「リモートでのマネジメント」についてさらに詳しくお話ししましょう。

無料書籍配信中

 

 

リモートワークのマネジメント基本行動の教科書 無料レポート

 

 

行動科学マネジメント無料個別相談会