■これまでセミナーや研修、書籍あるいはマンガで 行動科学マネジメントをお伝えしてきましたが…