昨年12月に、およそ2週間をかけて、海外視察をしました。

 

今回はフランクフルト、ニューヨークでの仕事を中心に、休み中にクスコ、マチュピチュ、ロサンゼルスに行って来ました。

 

さまざまな場所でさまざまな体験があり、

それらについては、機会があればまたご紹介したいと思いますが、

今回はまず、この旅で私が一番印象的だったことを…。

 

それは、

 

「日本人が少ない」

 

ということです。

 

とくにニューヨークの五番街や、

ロサンゼルスのビバリーヒルズにあるロデオドライブなどは

これが顕著でした。

 

この2カ所は20年ほど前から何度か訪れていて、

毎回定点観測のようなかたちで街を見ているのですが、

いつもは日本人観光客、それも20代~30代の若い人たちが、

必ず目にとまったものです。

 

それが今回は……

見事に「誰もいない」。

 

アジア人の観光客といえば、

ほとんどが中国人、そして韓国人、インド人ばかり。

あまりにも日本人の少なさに、驚いたものです。

 

「日本人は本当に大人しくなってしまった」

 

それが私の印象でした。

 

グロー-バル化が叫ばれ、

国内には海外からの旅行客があふれる一方で、

逆に海外へ出て行く人々が少なくなっている…。

 

「日本は本当は貧しいのでは?」

 

と簡単に言うつもりはありませんが、

それでも、

「では、日本の若い層は、何をしているのだろう?」

と思わざるを得ませんでした。

 

これを機に、私自身もあらためて

「若い人」たちの指向や生態に注目していきたいと思います。

これから先、日本の企業の命運を握るのは、

彼ら彼女らに他ならないのですから。