「仕組みづくり」

 

ビジネスの世界でよく使われる言葉ですよね。

 

行動科学マネジメントも、

「仕組みづくり」を念頭に置いたマネジメントスキルです。

 

ただ、私の経験上、

単に「仕組みづくり」と言ったときには、

さまざまな人がさまざまな解釈をしているように思います。

 

ある企業の経営者は、

「『仕組み』とは、ルールのことですね。

 やはりルールに則って仕事をすることが大事ですよね」

といい、

またある企業の人事担当者は、

「『教育プログラム』を用意することが『仕組み』ですね」

といいます。

 

「仕組み」とは何か?

という定義がビジネス界で厳密に定められていないため、

いずれの解釈も間違いとはいえませんが、

行動科学マネジメントでいう「仕組み」とは、

単に「ルール」や「規則」、

「カリキュラム」や「プログラム」の設定

ということではありません。

 

ではどういうことかといえば……

それを「一言」でいうのは難しく、

さまざまな要素があってのものなのですが、

あえて一言でまとめると、

 

「環境」

 

ということになるでしょう。

 

どのような環境かといえば、

 

「社員が自ら行動し、成果を出す環境」

 

です。

 

この環境を整えるために

体系立てられたさまざまな施策をすること、

それが行動科学マネジメントのいう「仕組みづくり」です。

 

マニュアルやチェックリストも、

コミュニケーションの取り方も。

部下育成のプログラムも、

すべては環境を整えるための要素です。

 

これを勘違いして、

「じゃあ石田さん、さっそく石田さんの『仕組み』を見せてください」

などという企業も実際にありました。

(何らかの〝システム〟を導入するというイメージがあったのでしょうね)

 

「仕組みづくり」は「環境づくり」

 

大まかに言ってしまえば、そういうことなのです。