今、多く企業が「組織行動セーフティマネジメント」に

注目しています。

 

傾向は、時代必然といってもいいでしょう。

大きなファクターは、「人口減少時代」です。

 

進みゆく人口減少によって、

日本では社会構造が大きく変化しています。

 

それはビジネス現場において、極めて顕著です。

 

知る大手メーカーでは、

製造工場従業員平均年齢が52歳で、

うち日本人従業員は、45歳以下がいない、

という状況です。

 

そもそも若い人材が少ないですから、

これは仕方がないことです。

若い人材はみな、外国人です。

 

言語も違う、価値観も違う、考え方も違う、

「安全」や「ルール」捉え方も違う、

さまざまな属性人々を、

何千、何万人という単位で管理し、

一人ひとりに安全行動を取らせなければならない、

というが、今、そしてこれから日本企業です。

 

管理者(マネジャー)としては、

「やって当たり前」と思う行動でも、

相手にとっては当たり前とは限りません。

 

ですから、どんなバックボーン、価値観をもつ相手でも

同じように安全ため行動ができるよう、

「仕組み」存在が必要になるです。

 

「組織行動セーフティマネジメント」は、

まさにこ「仕組み」で危機を回避するためです。