リモート・テレワークの行動科学マネジメント

リモート・テレワークの行動科学マネジメント

リモート・テレワークの行動科学マネジメント

「いつコロナが落ち着くのかわからない。簡単にできる遠隔マネジメントのやり方はないか?」
「いずれにしても手を付ける予定だった。実施内容を教えて欲しい」
「外部のパートナー企業のマネジメントにも使える。このタイミングで導入するから、話を聴かせて欲しい」

これらの問い合わせが、この1週間、集中して頂いております。60分間の簡単なトレーニングをスカイプなどを使い、ご提供しています。このプログラムは、弊社内で使い続けているものです。

弊社のビジネス上、どうしても対面で接触することが物理的に難しい。そこで、移動中のスキマ時間に、電話かスカイプを使い打ち合わせを行っています。

60分間のトレーニングの目的は、”直接、接触ができない部下もしくはメンバーの行動自発率を上げる”です。誰でも同じように再現できる具体的なやり方を提供しています。

ご相談窓口も開設いたしました。行動科学マネジメント研究所の公認インストラクターが対応いたしますので、ぜひご活用ください。

リモート・テレワーク実践ノウハウを無料ダウンロード

行動科学マネジメントベーシック講座で提供しています具体的ノウハウを最小限に絞込み、期間限定で無料ダウンロードを頂けます。

リモートワーク・テレワークでは、マネージャーが常時部下に関わることはできません。常時関わることができない状況下で、大切なことは『部下の自発的な行動と思考』を短い接触時間で増やすこと。その具体的なやり方をぜひ、お試し下さい。

行動科学マネジメントとは

行動科学マネジメントは、”科学”であるが故に 「性別、能力、意志、やる気に関係なく短期間で即戦力化させる」画期的な手法です。ここ数年、業種・業界を問わず、多くの組織が人材育成やマネジメントに行動科学を利用し始め、TV・メディア・書籍でも高く評価されています。

>>メディア掲載 >>行動科学マネジメント書籍

行動科学に基づいたマネジメントは、アメリカのビジネス界で大きな成果を上げている行動分析、行動心理を元に作られ、精神論とは一切関係なく「行動に焦点をあて、誰がやっても成果を生み出す」科学的で実用的なメソッドとして注目を浴びました。

そしてこのメソッドを導入した、ボーイング・NASA・3M・ウォルマート… などの欧米一流企業が次々と大成功を収めたのです。現在も、全米603社、日本でも1254社の導入による成功実績が証明され、大企業から中小企業まで応用できる極めてシンプルなメソッドとして支持を集めています。

>> 支援事例はこちら

>> 事例ダウンロードはこちら

資質や能力は関係ない!?

行動科学マネジメントは、アメリカの心理学者B.Fスキナー氏の「行動分析学」という学問から発展してきたマネジメント手法です。

私たちが日常的な場面で遭遇するさまざまな問題に対して、行動分析学が明らかにした人間の行動原理を応用する実学を「応用行動分析学」と呼びます。この考え方を、チームマネジメントやセルフマネジメントに応用し、日本風にアレンジしたものが、私たちの行動科学マネジメントです。

行動科学マネジメントの最大の強みは、“人の資質、能力に頼らずに成果が上がる、再現性(いつ、だれがやっても同じ成果が現れる)を有した手法”だということ。マネジャーやリーダーの資質に左右されず、 売上アップ、人材育成の短縮化、戦略リーダーの早期育成、人材の即戦力化、などを実現し、人材マネジメントに大きな成果をもたらしています。

組織の成長のカギは『8割の普通の社員』

よく言われるように、企業は『8割の普通の社員と、2割のできる社員』で構成されています。そして多くの企業の現状は『この2割の社員に頼り、残り8割の社員は入れ替えたり、新規採用したりの繰り返し』です。

しかし、少子高齢化で人材不足が必至の今、企業における 人材戦略の重要ポイントは、今いる多くの社員、つまり『8割の普通の社員』をいかに『できる社員』に近づけていくか、ということです。

リーダー、マネジャーが、優秀な上位2割だけでなく、下位8割の社員に自発的行動を起こさせるマネジメントスキルを身につければ、その組織は「稼ぐチーム」になるのです。

手法は簡単。『継続させる方法』を教えてあげるだけ!

行動科学マネジメントの具体的なメソッドは、非常にシンプルなものです。難しいことは何もありません。ここでその一部をお伝えすると……それはただ「社員に『継続できる技術』を教えてあげるだけ」ということなのです。

実は、人ができない理由は2つしかありません。

① やり方が分からない
② 継続の仕方が分からない

『継続は力なり』『商いは飽きないこと』ということわざがありますが、全くその通りです。続ければどんな人間でも、超一流とは言わなくても、ある程度のレベルまで必ず到達できるのです。ゴルフでも全くの素人から始めても『続けて練習する』から、プロとは言わなくともスコア70~80台は出せるようになれるのです。

ビジネスも同様です。「成果に結びつく行動を、続ける」……これが、組織の力をアップさせるわけです。

無料ダウンロードフォーム

このページには直接アクセスできません。