こんにちは、石田淳です。

「人生100年時代」といわれている今、人は年齢を重ねても働き続けなければなりません。

そこで、政府が推進を検討しているある教育のかたちがあります。

 

ただしそこには、大きな問題もあるのですが……。

 

前回、「『暗黙知』を『形式知』にする」ということについて触れました。

 

普段、自らの行動について「言語化」を意識しない、あるいは苦手としている

「ハイパフィーマー」たちの行動も、第三者が言語化して他のメンバーに伝えればいい。

 

この「『暗黙知』を『形式知』にする」という概念

 

が、教育の場でも注目されています。

「リカレント教育」という言葉をご存じでしょうか?

 

基礎教育を学び終えて社会に出た後に、仕事に活かすためにまた教育を受ける。

そしてまた仕事をする……という一連の流れのことです。

 

リカレント教育は「人生100年時代」と言われている今、日本でも政府が積極的に推進を検討しているもので、今後この言葉はさらに一般化してくるでしょう。

 

このリカレント教育に何が必要か? といえば、それはもちろん「教える人」です。

 

社会人が「仕事に活かすために受ける教育」ですから、教育の内容も仕事に関するスキルや知識。

 

「教える人」=教員は、いわゆる「その道のプロ」になります。

 

このような教員を「実務家教員」と呼びます。

ところが、ここでひとつ問題があります。

 

それは、「実務家教員」たちが、必ずしも「言語化」の能力を持っているわけではない、ということです。

 

いかに「その道のプロ」であっても、彼ら彼女らは「人にモノを教えるプロ」ではありません。

 

そう、

「ハイパフォーマーは言語化が苦手」

「プレイヤーとしてのスキルとマネジャーとしてのスキルはまったくの別物」

といった、ビジネスマネジメントの問題点が、ここにも当てはまるのです。

 

ではどうすればいいか?

 

いきなり実務家教員というハイパフォーマーに言語化能力をつけるのではなく、まずはハイパフォーマーの行う「暗黙知」を「形式知」に変える立場の人材を用意すべきでしょう。

 

つまりそれは、ビジネスでいうマネジャーです。

 

「言語化できる教員」育成のためには、それを教えられるマネジャーの存在が必要です。

 

今後私も、この教育界での仕組み作りに積極的に関わっていく予定です。

またいずれこのメルマガで、実際の事例等をお伝えできるかもしれません。

どうぞお楽しみに。