行動科学マネジメントが最重要視するものは、

「エビデンス」(科学的根拠)です。

 

数値として計測できるものを計測し、検証する…。

これができないものに重きを置くことはありません。

 

たとえば「意志」「性格」などは、

計測できないものの代表です。

 

「彼は意志が強い」

「彼女の性格はこの仕事に向いていない」

 

そうしたことを判断するうえで、

どのようなことを数値化し、計測できるのか?

何をもって「意志が強い」「性格がいい」とされるのか?

 

答えは曖昧、人によってさまざまでしょう。

これは再現性のある科学とはいえません。

 

たとえばスタッフに対して目標や締切を指示する際にも、

必ず数値化したもの、計測可能なものを示さなければなりません。

 

「もっと売上を伸ばそう」

「もっと効率的に仕事をしよう」

 

といった言葉でスタッフを鼓舞する現場も多くありますが、

この言葉は「行動科学的には正しくない」ということになります。

「もっと」という言葉は、数値化されていないから、

そして計測できないからです。

 

売上アップを目指すのであれば、

「前年同月比○%アップ」や、

具体的な売上額を設定すべきですし、

効率化を進めるのであれば、

「○時までに作業終了」というように、

具体的な時間や作業量を示すべきです。

「今月中にアップ」などという指示では、

まだ具体性が足りません。

「○月○日○時までにアップ」

くらいのレベルにまで数値化しなければなりません。

 

いつ、誰が、誰にやっても同じ結果が出る、

つまり再現性のあるマネジメントは、

「人の内面」という計測できないものへのフォーカスは

NGなのです。