こんにちは、石田淳です。

 

「まったく最近の若者は……」

 

という言葉は、いつの時代にもあるものです。

 

しかし、マネジメントにおいては、そのまま「何を考えているのか?」で済ませておくわけにはいきません。

 

「別に高い給料が欲しいわけじゃないんです」

 

これは、私の知る大手企業の若手社員が入社半年で辞職する際にマネジャーに放った言葉です。

 

「高い給料はいらない?」

 

これまで「より稼ぐ」ことこそがビジネスパーソンとしての動機付けだった世代には、この言葉は衝撃だったようです。

 

では、辞めていった若い彼は、

〝何が欲しくて〟仕事をしようとしたのか?

 

「私はもっとお客さんから〝ありがとう〟と言ってもらえる仕事がしたかったんです」

 

「もっと社会の役に立ちたかったんです」

 

それなのにマネジャーが言うことは、いつも「売上」「お金」の話ばかり。

 

「今月の売上目標は……」

「もっと売上を立てろ」

「目標に達成していないじゃないか」

「がんばれば3年後には給料も○%アップだ」

 

などと言われ続ける毎日にうんざりしたというわけです。

 

お客さんからの〝ありがとう〟が欲しかったなんて、〝社会の役に立ちたかった〟

なんて、その若手はずいぶん特殊なんじゃないか?

 

「売上」と「お金」の話をするのは、ビジネスなんだから当たり前だろう?

 

そう考える人もいるでしょう。

 

もちろん、その思いもわかります。

 

しかし、今のリーダー、マネジャーが知っておかなければならないのは……

 

「今は、そういう時代じゃない」

 

ということに他なりません。

 

「お客さんからの〝ありがとう〟」

が欲しい若者は決して特殊な存在ではないのです。

 

「お金の話ばかりにうんざりする」のは、多くの若手社員が感じていることなのです。

 

「部下の動機付けを知る」

 

つまり、部下が何を〝報酬〟と考えて

仕事をしているか?

 

その価値観を把握することが、リーダー、マネジャーの仕事です。

 

「働き方改革」だからと、単に「効率」「生産性」だけを追求しても、

肝心の「働き手」がいなくなってしまっては、元も子もないのです。