こんにちは。石田です。

 

「次世代型のリーダー・マネジャー」の存在が
求められている……。

 

前回のメルマガで、そうお伝えしました。

 

コロナ禍で〝一気に〟変わってしまった働き方のスタイル。

 

これまで常識と思われていたものも、もはや古き慣習として扱われるようになります。

 

「みんなが集まっての会議も、オンラインでじゅうぶん」
「連絡事項はメールで事足りる」
そして極めつけは、
「もう、オフィスは不要」

 

あえて冷たい言い方をすれば、組織の人間が個々バラバラ、自分なりの活動をしても、そこに「成果」が生まれるのであれば、何も旧態依然とした慣習にとらわれていることはない、というわけです。

 

緊急事態宣言が解除され、多くのビジネスパーソンがこれまでの生活に戻る……。

 

「自粛疲れ」などという言葉もありますが、若い世代では、リモート、自宅での働き方が合っているという人も少なくないはずです。

 

「満員電車での出勤」
「上司からの無理矢理の(飲みの)誘い」
「職場での人間関係の軋轢」
「決められた服装」

 

リモートワークによってこうしたことから逃れられていたことを(不謹慎な言い方かもしれませんが)「善しとしていた」人もいるはずです。

 

とはいえ、組織が「人の集まり」である以上、そこにマネジメントの概念は必要です。

 

人材に仕事のやり方を教え、育成し、そして成果を出すことに導く、というリーダー、マネジャーの役割は、いかに働き方のスタイルが変わろうと、無くなることはありません。

 

ただ、それが「今までどおり」ではだめだ、ということ。

 

新しい働き方がスタンダードとなるのであれば、「教え方」も新しいものを取り入れなければなりません。

 

そうしたスキルを持つ人材こそ、「次世代リーダー、マネジャー」でしょう。

 

今、私たちは、次世代リーダー、マネジャーに向けての「教える技術」を伝授する講座を準備中です。

 

詳細はまた逐一、このメルマガでもお伝えしてきます。

 

新しい働き方になるのであれば、新しい働き方に合ったリーダー、マネジャーが必要、ということを強く感じています。しかし、その実現は決して難しいことではありません。なぜなら、人間の行動原理そのものは、どんな環境においても変わらないからです。

 

新企画をどうぞお楽しみに!

 

石田淳Youtube

 

 

Online・リモートでも教える技術ー無料問題集

 

 

行動科学マネジメント無料個別相談会