新年あけましておめでとうございます。石田です。

 

2020年のスタート。

あなたはこの1年をどのような年にしたいと想っていますか?

 

「東京オリンピックが終われば、景気の悪化が」
「人材不足は相変わらず」
「若い世代との価値観の差が…」

 

年の初めからネガティブな事ばかり言ってしまい、申し訳ございません。

 

しかしこれはもう、現実のこと。

 

そんな中で私たちは、この厳しい現実に立ち向かっていかなければなりません。

 

ただし、暗い顔で絶望している必要もありません。

 

困難に立ち向かう、挑戦するということは、ワクワクした気持ちが伴うものです。

 

「40代以降のビジネスパーソンは新しいスキルを身につけるための学習が必要」

 

昨年のメルマガで何度かお話ししたことですが、これだって、「新たな挑戦」を楽しめばいいことです。

 

「挑戦すること」

 

本年はこれをもっと楽しみましょう。

 

新たなことに挑戦し、良い結果が生まれたならば、あなたはそこで「できたぞ!」という達成感を得ることができます。達成感はさらに「自分にもできるじゃないか」という自信、「自己効力感」を引き出します。

 

そして「自己効力感」は、「さらに上を目指す」という挑戦の原動力となるのです。

 

私自身、マラソンやトライアスロン等、過酷な競技に挑戦し続けるのも、このスパイラルにはまっているからに他なりません。

 

(実は今年も大きなチャレンジを予定しています。詳しくはいずれこのメルマガでお伝えします)

 

これはビジネスも同様です。

 

挑戦し、達成感、自己効力感を得る……。それが更なる挑戦へと向かわせるのです。

 

そう、人間の行動原理に従えば、それは難しいことではありません。

 

だから、挑戦を続けましょう。

 

今年のあなたの挑戦がうまくいくことを心からお祈りします!

行動科学マネジメントrリモートワーク

 

 

行動科学マネジメント無料個別相談会