モチベーションが低い社員、

仕事がうまくいかない社員、

問題を抱えている社員……。

 

大雑把な言い方をすれば「できない社員」に対して、

「1対1でじっくり話をするのが一番だ」

と考えているマネジャーは多いでしょう。

 

たしかに私も1対1のミーティングを推奨しています。

 

しかし、多くの人が、1対1のミーティングを間違ったやり方で行なっているようです。

 

たとえばこんな例があります。

 

「いやあ石田先生、 この間(やる気のない社員と)1対1で話したんですが、

どうやらやる気になってくれたみたいですよ」

 

そう満足げに話すマネジャーがいました。

社員を成長させ、辞めさせないマネジメントのため、

内面に訴えかけたということでしょうか。

 

どうやらこの人は、1対1のミーティングの目的を見誤っているようです。

 

つまりこの人にとってミーティングの目的は

「(社員の)モチベーションを上げる」こと。

では、何をもって「モチベーションが上がった」と

いえるのでしょう?

 

相手が「はい、やる気になりました」

と言ったから?

 

声に張りがあったから?

 

力強い話し方だったから?

 

……それらはすべて曖昧なものです。

 

「やる気になったと思ったんだけど、

 その後突然会社を辞めちゃったんです」

 

なんてことは、よくある話です。

 

1対1で相手を鼓舞するような言葉をかけ、

本人(マネジャー)としては、

やる気を引き出したつもりでしょう。

しかし、相手の「内面」に関することは、

相手にしかわからないものです。

 

1対1のミーティングの目的は、

相手に「行動のレパートリー」を与えることです。

相手の話を聴き、

どんな行動をすればいいのか? どの行動がしづらいのか? 

といったことを計画しなければなりません。

 

行動が変わらなければ、結果は変わりません。社員を変えたいと思うのであれば、

「内面」ではなく、行動を変えればいいだけなのです。