私が提唱している「組織行動セーフティマネジメント

(BBS=Behavior Based Safety)

についてお話ししたところ、

「もっとセーフティマネジメントについて知りたい」

多く声がありました。

 

会社に寄せられるマネジメント研修要望についても、

「セーフティ」=安全性についてマネジメントに関するも

近年とくに増えています。

 

企業「安全性」「危機管理」を考えるうえで必ず出てくるが、

「保険」というもです。

火災保険や地震保険、経営者保険、賠償責任保険…。

保険会社は法人に向けてさまざまな種類損害保険を販売し、

多く企業はこれに加入しています。

 

企業がなんためにこういった保険に入る必要があるかといえば、

それはもちろん「何かあったときため」です。

工場が火災など災害に見舞われた、

個人情報が流出してしまった、

従業員が事故でけがをした…。

企業に起こりうるさまざまな不測事態が「起きた」ときために、

少しでも痛手を少なくするために、

保険に入るです。

 

では、企業にとって最大保険とは何か?

を考えた場合…。

それは「そもそも不測事態を起こさないこと」、

すなわち「従業員が事故を起こさないこと」でしょう。

 

ただし、それは従来保険商品で何とかなるもではありません。

 

「組織行動セーフティマネジメント」は、

「そもそも従業員が事故を起こさない会社になる」という保険を

自社内で作り出す目的で構築されたもです。

 

すでにアメリカでは、大企業みならず、

多く中小、ベンチャー企業でもこ手法を取り入れています。

日本でもこれからますます注目される手法だと思います。