■昨夜、アマゾンジャングルマラソンから日本に
帰ってきました。

■結果から言いますと、申し訳ありません、今回は
完走することができませんでした。

 

■競技5日目は朝4時半にスタートしたのですが、
昼過ぎのチェックポイント2の手前で手足のしびれが来て、
「これはヤバイ!」と思い、座ろうとしました。

 

■途端に意識が朦朧として倒れてしまい、
そのままスイーパーに発見され
気がついたら、メディカルに運ばれていました。
疲労と睡眠不足で脱水症状気味だったようで、
あえなくリタイアとなってしまいました。

 

■気温は40度近く、湿度が90%以上、
1日の平均睡眠時間が2~3時間が当たり前の今大会。

 

■前日4日目は朝6時半にスタートで終わったのが夜の22時。
そこから、ハンモックを吊り、自分でご飯を作り、
足にできたマメのケアなどをしているとあっという間に24時を過ぎていました。
5日目の朝は4:30スタートなので、2:30起きでした。

 

■ジャングルマラソンは僕の想像以上の厳しさでした。
しかし理由はどうあれ、途中でリタイアしてしまったのは
悔しくて悔しくて悔しくて仕方ないです。

 

01-img_5385

事前説明会です。危険生物についてのレクチャーです。

 

 

02-rimg0004

スタート前です。

 

 

03-rimg0018

倒れたのは、炎天下のこんな感じの道です。

 

 

04-rimg0023

もはや道ではありませんね…

 

 

05-rimg0045

アマゾン川です。海ではありません。ステージ5のスタートは、この砂浜からでした。

 

 

■そして完走を願い応援してくださった皆さんには、本当に申し訳ないです。

もちろん全ては自分の実力不足ですが、まずは自分なりに今回の結果を分析して、
今後に活かしていきたいところです。

たくさんの応援いただき、本当にありがとうございました。

今回の経験もまた講演やセミナーで話しをしていきたいと思っています。