「仕事(あるいは物事)が〝できない〟」

ことの理由のひとつに、

「『やり方』を知らない(からできない)」

というものがあります。

 

「やり方」とは、知識や技術、

何をどういった手順で、何をポイントとして捉えればいいかという

「スキル」に当たる部分ですね。

 

これは言い換えれば

「どのように行動すればよいか」

ということであり、その方法を身に着けることが、

「『やり方』を知る」ということです。

 

「どのように行動すればいいか」を

人に教える場合(マネジメントする場合)は、

「知識」と「技術」を分けることが大事です。

 

「知識」とは、「聞かれたら答えられること」。

スポーツでいえば、「ルール」や「理論」、

「道具」や「その使用法」などが、知識にあたります。

 

「技術」とは、「やろうとすればできること」。

スポーツでいえば、ずばり「実技」のことです。

 

まず前提となる知識を教えておき、

技術については「行動を細かく分解する」ことがポイントです。

 

たとえば

「スマホで会社に電話をする」ということも、

スマホを触ったこともないような人には、

できなくて当然です。

・スマホを手に取る

・画面を見る

・左下にある電話のマークをタッチする

・電話帳から会社の番号を探し、タッチする

と、一つひとつの作業を洗い出すこと、

それが「行動の分解」というものです。

 

こうすることによって、

「何ができないのか?」が浮き彫りにされ、

適切な対処(何を練習すべきか、など)がわかるのです。