こんにちは、石田淳です。

 

日経BP社主催の人気講座『課長塾』。

 

私も長年講師として参加していますが、このたび、めでたく10周年を迎えることとなりました。

 

「プレイヤーとマネジャーの仕事は全くの別モノ」

 

「したがって、身につけるべきスキルも違う」

 

「しかし日本のビジネス界では、名プレイヤーが名マネジャーになることを求められる」

 

「なのに、『マネジャー』が身につけるべきスキルを学ぶ機会は、極めて少ない」

 

これらは、私がこれまで多くの著書で述べてきたことです。

 

プレイヤーとして結果を出してきた人が現場を離れ、マネジャーとなった……。

 

しかし、部下は結果を出すことができない。

 

「なんでできないんだ!」と憤慨しつつも、どうすれば部下に結果を出させることができるか、そのノウハウはない。

 

チームの業績は低迷し、やがて会社側から

「管理職失格」

「リーダーの資質なし」

「期待はずれ」

などといった烙印を押されてしまう……。

 

そんな悩みを抱えるマネジャーは多く存在します。

実際にそのことによって心が病んでしまう人も。

 

しかも……。

 

今の時代、特に管理職の入口である「課長」は、「マネジメント専念する」ことなどできません。まだまだ〝自分で(プレイヤーとしての)数字を上げる〟ことを要求されます。

 

「いや、自分だってプレイヤーとして数字を上げたい」

「でもマネジャーとして〝人の面倒〟も

 みなければならないし」

「そもそも人の面倒なんて見たくない。

 管理職になんてなりたくなかった」

 

……そう思っている人も多いはずです。

 

『課長塾』は、そんな苦悩を抱えるマネジャーが

「課長に必要なスキル」

「課長の原理原則」

などを学ぶための講座です。

 

講師陣は各界の専門家であり、私も行動科学マネジメントの手法をお伝えするため、長年講師を務めさせていただいています。

 

その『課長塾』が10周年を迎えます。

それを期に、『課長塾』発の書籍として

『課長のABC』(石田淳著 日経BP刊)

という本が今月発売されます。

課長職に必要なマネジメント能力が

その「イロハ」から理解できるよう、

わかりやすい構成としました。

 

まさに「悩める課長職」のための一冊だと自負しています。

 

 

次回、本書についてさらに詳しくお話しさせていただきます。