今月は異常な暑さが続き、熱中症で倒れる人が続出、メディアでも「命の危機に関わる暑さ」という言葉が頻発されています。

 

この酷暑の中、愛知県豊田市で、小学校1年生の男児が校外学習後に熱中症が原因で亡くなる、という悲しい出来事も起こりました。

 

校外学習中から疲れを訴えていた男児が学校へ戻り、体調がさらに悪化し、意識を失い、救急車で病院へ向かったのはその20分後だったといいます。

 

毎日新聞の報道によれば、市の教育委から学校に配布された救急のマニュアルには、

どんな症状なら急いで119番すべきかなどの具体的な指示はなく、「適切な処理を行なう」という記載があるだけだったといいます。

 

「適切な処理を行なう」

 

という文言の「具体性のなさ」は、このメルマガを以前からお読みの皆様には

よくおわかりのことかと思います。

 

「どんな基準のもとに、どんな行動を取るか」

 

これが示せていないマニュアルは、無価値でしかありません。

 

「適切な処理」とは、具体的にどのような行動を指すのか?

たとえば10人の人がいれば、10通りの「適切な処理」がある…。

これでは、マニュアルの意味はないのです。

 

命を預かる現場では、アドリブ、自己判断は許されません。

 

危機管理における「具体性」の重要さを、私たちはいま一度見直すべきでしょう。

それは、尊い命にも関わることなのですから。