「AIの台頭によって、さまざま職業が存続の危機」

 

「キャッシュレス化がさらに普及すれば、無駄な業務がなくなる」

 

今、そんなことがよくいわれています。

 

AIやキャッシュレス化がもっと一般的なものになれば、たとえば煩雑な「記帳作業」などは極めて簡単なものとなります。

 

すると、税金の申告・記帳代行を行う税理士の仕事も激減する、というわけです。

 

事務作業を主とする職業はこのように概ね「危機」にさらされるでしょう。

 

テクノロジーの発達は日進月歩、1年前には考えられなかったことが、すぐに「当たり前」の状況になったりするものです。

 

ですから、AIやキャッシュレス化の普及も、今考えているよりもずっと早いスピードで進んでいくのでしょう。

 

年末の海外視察では、「キャッシュレス化の現在」を目の当たりにしました。

 

アメリカのニューアーク国際空港を利用したときのことです……。

 

搭乗までの時間をつぶすため、空港内のカフェに入ったのですが、そこには、注文を取りにくる店員の姿はなく、それどころかレジもありません。

 

カウンターの各席には、タブレットとカードリーダーが備え付けられていて、注文から支払いまで、すべて席で完結するのです。

 

タブレットで注文し、クレジットカードをリーダーに通して支払い。人の手を介することはまったくありません。

 

「少ないスタッフで済む」

「注文も支払いもスピーディー」

 

店側にとってもお客側にとっても、いいことだけなのです。

 

タブレットで注文を取る飲食店は日本でも最近増えています。

 

人のぬくもりが感じられないだとか、注文の融通が利かないといった

批判はあるかもしれませんが、「便利さ」「生産性の高さ」がある以上、このシステムが推進「されない」ことはないでしょう。

 

PC、インターネットや携帯電話がそうだったように、です。

 

得られる結果が同じであれば、便利でスピーディーなやり方を選ぶのは仕方がないことです。

 

わざわざ辞書を引くよりもスマホで検索した方が早い…。

この事実に異存はないはずです。

 

これからの企業が「生産性」をテーマに据えなければならないのであれば、テクノロジーの発達、「便利なシステム」から目を離すことはできません。

 

マネジメントのあり方にしても、今後は大きく変わっていくでしょう。

「人間の労働力」に依っていた業務が、どんどん減っていくのですから。

 

ただし……。

大切なことは、これらの「便利なテクノロジー」を利用するのは、

あくまでも「人間」であるということです。

 

システムを開発する際も、「人間」が「人間」の行動を考えて開発しなければ、

つまり「使い勝手が良いように」システムを構築しなければ、

何の意味もありません。

 

「使い勝手」とはすなわち「行動のしやすさ」ともいえるでしょう。

 

「人間の行動原理」「行動の導線」

に沿った考えができてはじめて、テクノロジーは生産性の強力な武器となるのです。