アメリカのビジネス界では、

心理学者B・F・スキナーが唱えた「行動分析学」という

学問をベースとした科学的マネジメントが一般的となっています。

大企業はもとより、官公庁や各種団体、機関がこの手法を導入し、

教育機関での実践事例も年々増加しています。

 

このマネジメントに、効果測定に基づき、

日本的な「人間関係を重視した」マネジメントを考慮し、

良い部分を掛け合わせ、日本に適するようにアレンジしたものが、

「行動科学マネジメント」です。

 

行動科学マネジメントは、人間の行動原理に着目した、

極めて〝科学的な〟マネジメント手法といえます。

 

・行動を徹底的に観察、計測、分析する。

・良い結果につながる行動を促す。

・悪い結果につながる行動を抑制する。

 

これらのコントロールを意図的に行うことが、

行動科学マネジメントの基本です。

 

「科学的」とはすなわち、再現性がある、ということ。

同じ条件下おいては常に同じ結果が得られる……。

つまり「いつ」「どこで」「誰が」やっても、

同じような結果が得られるマネジメントなのです。

 

ですから、マネジメントの対象を選びません。 

企業においても、年代、性別、属性、職種を問いません。

 

・ビジネス(会社での上司による部下へのマネジメント)

・個人(セルフマネジメント=習慣、勉強法やスポーツ関係)

・教育関係(子育て、学校教育、障がい児教育等)

 

など、全方位をカバーする、

まさに〝万能〟のマネジメント手法……

それが行動科学マネジメントです。