■2:6:2の法則をご存知ですか?
どの組織もパフォーマンス的に見ると
上位2割、中位6割、下位2割に分かれるという法則です。

■ご存知のように現在の転職市場は売り手市場です。
中位6割に位置するビジネスパーソンでも
転職サイトに登録したら3,000件もスカウトが来るような時代です。

■つまり、条件が合わなくなり、嫌なことがあったら、
すぐにでも転職出来るような環境であるということを
忘れてはいけません。

■マネジャーとしてまず取り掛かるのは
中位6割、下位2割に働きかけて
転職させないようにすることが最優先事項です。
その前提の上で、成長を少しずつ促すことです。

■仕組みのないままに成長を促すとどうなるでしょうか?
当然きついと感じて辞めようとするでしょう。

■今はワークライフバランスを重要視します。
サービス残業なんてもってのほか。
残業も出来るだけないような環境を整えてください。

■大きい会社ならもう新卒の一人や二人辞めている
ところもあるでしょう。

■これ以上ダメージを広げないためにも、
転職させないための仕組み、マニュアル作りに
今すぐにでも取り掛かってください。

⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら

https://www.will-pm.jp/contact/