▼なぜ、マニュアルやチェックリストの1番最初は「見る」と入れるのか。

 

 

 

■マニュアルやチェックリストの1番最初に入れてほしいのは

「見る」という項目です。

 

 

 

■マニュアルはせっかく作っても

見ない社員が大半です。

これでは宝の持ち腐れというものです。

 

 

 

■当たり前ですが、見て、活用してもらわなければ

マニュアルの存在意義はありません。

 

 

 

■仕事が出来るハイパフォーマーは

マニュアルなんかなくても一人でガンガン仕事をやっていきます。

 

 

 

■でもそんな人たちは一握りで、

出来ない人達を底上げするためにマニュアルがあるのです。

 

 

 

■マニュアルは、行動の一つひとつを分解して、

誰でもが実践できるように書いていきます。

 

 

 

■この辺りのことは先日、ダイヤモンド社から出版した

『~短期間で社員が育つ~ 行動の教科書』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B079FN2J6H/engineer-22

に書きましたのでよろしければ参考にしてみてください。

 

P.S.
5月19、20日に開催の働く女性のためのイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2018」
(東京ミッドタウン ホール&カンファレンス)。
20日(日)16時10分-17時10分、

『行動科学のメソッドで仕事の不安を解消! 女性のための学ぶ技術』
をテーマで講演します。興味のある方はぜひ参加してみてください!
⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら