■上記のような相談を経営者やマネジャーの方から受けることがあります。

■ビジネスと教育は時間軸という点で大きく異なります。
教育は何年もかけて育てることができますが、
ビジネスは限られた時間の中でしかありません。

 

■ですから限られた時間で結果がでる方法を選択すればいいのです。
褒めた方がビジネスの成果が上がるのなら、
褒めればいいですし、その逆もまた真なりです。

 

■褒める、叱る、を自分の感情で捉えてしまう人が多いようですが、
それは大きな間違いです。

 

■ビジネスのロジックで判断して、効果的な方法を選択する。
結果が出るか出ないか、それだけの話です。

 

■経営者、マネジャーとしてその分別が出来ないと
ビジネスの成功が遠のくばかりです。
自分の感情に流されず、数字目標を見据えた上で
部下のマネジメントを行ってください。

 
⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら