■トランプ旋風が吹き荒れています。
大統領就任初日にTPP離脱を表明し、
イラン、シリアなどを含む7カ国の外国人の入国を禁止する
大統領令を発令するなど、選挙中の公約を矢継ぎ早に実行しています。

■この状況を見て
「これから日本はどうなってしまうのだろう……」
と不安に思っている人が僕の周りにも少なからずいます。

 

■しかし、自分の力でコントロールできないことは
考えていても仕方がありませんし、
不安になったところで何もいいことはありません。

 

■こういうときこそ、大局を見据えて行動するべきです。
たとえば、日本が人口減少社会であることは今後も変わりません。
さすがのトランプ大統領も、日本の人口が減っていくことは
止めることができないでしょう(笑)。

 

■ですから、人口減少社会であることを軸に
マネジメントを続けていくのです。

 

■高齢化社会はどうでしょうか?
トランプ大統領は日本の高齢化を止めることができますか?

 

■いくら優秀な人でも万能ではありませんし、
何もかもを変えることができるわけではありません。

 

■今起きている現象に一喜一憂するのではなく、
不変の原理原則をおさえ長い目で見れば、
ビジネスの上でも判断を大きく誤ることはないと思います。