■日本の企業は社員教育にお金を惜しみ過ぎているように思います。
海外の企業で一例を上げると、
GEなどは年間で社員教育に1000億円と投じているそうです。

■これは日本の企業の社員教育のコストの
10倍に近い金額だとも言われています。

 

■これでは国際競争に勝てなくても仕方がありません。
やはり、日本ももっと社員教育にお金をかけるべきでしょう。

 

■人材教育は長い目で育て、成長、
離職させないようにするのが基本です。

 

■社員一人が辞めて、再び採用するとなると、
新たなコストがかかります。

 

■そんな無駄なコストをかけるぐらいなら、
最初から教育コストをかけて
大事に育てていった方が良いに決まっています。

 

■マネジャー、経営者のみなさんは、
今年は思い切って、教育の予算を大幅に上げてみてください。

 

■すぐに効果は出ないので、
無駄なように思えても長い目でみれば、
必ず投資リターンがあるはずです。