■「南極アイスマラソン」の直前に行ったアメリカ出張。

クライアントとランチで雑談をしていたときに、
マラソンの話題になり

「たんたんとやり続けるのが大事だよね」

と話をしていて、
2年前に死去した
スティーブ・ジョブズの
スピーチを思い出しました。

■アトランタからチリに向かう途中、

ネットでそのスタンフォード大学卒業式のスピーチ

久しぶりに聞きました。
彼は、そこで、

「Stay hungry, stayfoolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」

というメッセージを残しています。

■僕はこのメッセージを

「愚直であれ」

と受け止めています。

■僕たちは、つい効率を求めてしまいがちですが、
愚直にやり続けることが、
実は一番簡単で、確実な方法であり、近道なのではないかと感じています。

■マラソンを始めてまだ4年ですが、
淡々と週に数回走り続けているだけで、
僕でも南極やサハラを完走することができました。

■4年前の自分には到底想像できないことだと思います。
特に、始めたばかりのころは、
面倒くさいと思っていましたから

「今日走るのはしんどいな」

「走る時間がない」

など、実は度々挫折しそうになったこともありました。

■ただ、無理せずラクに走れるよう工夫しながら
たんたんと積み上げてきただけです。

その地道なあゆみが、
南極やサハラにもつながりました。

■南極アイスマラソンの
トライアスロンは本当に過酷で

「もうやめたい」

と何度思ったかわかりませんが、
あのフレーズを思い出して粘りきりました。

■粛々とやり続けることがいかに想像以上に遠くまでいけるのか。

「stayfoolish.」

次の目標に向けて、また少しずつ始めていこうと思っています。