■先日、販売開始になった
「Pepper」をさっそく予約しました。
2/27に予約を開始して1分で終了。
抽選になりました。

■「Pepper」って何のこと?と思われる方も
いるかもしれません。
ソフトバンクが開発した人間の感情を認識する
人型ロボットのことです。

■どうしてそのようなロボットを予約したのかというと、
人口知能やロボットは行動科学マネジメントと
親和性が高いと思っているからです。

抽選になったので今回は購入できるかわかりませんが、
もしできたら、実際のビジネスの現場で
行動科学マネジメントを応用して
さまざまな実験をしてみたいと思っています。

■三菱東京UFJ銀行や、みずほ銀行などの大手銀行でも
「Pepper」を接客や顧客対応などでの導入を進めるとの
ニュースも先日流れていました。

■企業でも人手不足が大きな問題になっていますが、
「Pepper」をはじめとした人型ロボットや人口知能が
問題解決の一つの方法になるのは間違いないでしょう。

■当然、企業をサポートする我々も
ロボットの利用方法を熟知しておく必要があります。
無事に購入できたら、実験の結果をみなさんにも
随時お知らせしていきたいと思っています。