■視覚的構造化とは
“TEACCH”という自閉症の方に対する
支援プログラムの一つとして
用いられている方法ですが、
ここでは言葉や文章ではなく
絵や写真で説明することを意味しています。

■言葉は、
論理的で複雑な部分もありますが、
絵や写真、グラフなどにすると
非常に直感的で
子どもから大人まで
多くの人に伝わりやすくなりますよね。

■たとえば、
マニュアルやチェックリストが
文章だらけで分かりづらいと
思ったことはありませんか?

■絵や写真、グラフなどを
たくさん使ってマニュアルを作ると
伝わりやすさが格段に向上するはずですし、
教育も短時間で済むはずです。

■視覚的構造化を活用できるのは
ビジネスだけではありません。
子育てや教育といった
生活のさまざまな場面で使えるはずです。

■たとえば、
小さな子どもに
「家に帰ったらこれをしなさい」
という指示を言葉で説明するのではなく、
写真を貼っておくと理解がスムーズになるでしょう。

ぜひ試してみてください。