■先日、

聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校

で講演会「始める力と継続する力」
を行いました。

生徒のみなさんをはじめ、先生方も
じっくりと耳を傾けてくれましたね。

■取手聖徳とのお付き合いは
もう4年くらいになるでしょうか。
勉強の継続について関わらせてもらっていて、
生徒たちの伸び率がスゴイんですよ。

■たとえば、取手聖徳の教育の特徴は、
Aim Aid(エイムエイド)という
行動科学をつかった継続方法を
全校で積極的に取り入れていること。
毎年、進学率がアップし続けています。

■“いつ・どこで・だれがやっても”
という行動科学マネジメントの
メリットもフルに活用して、
独自の教育手法を用いているのです。

■継続すれば成果がでるのは当たり前なので、
進学率アップに直結していきます。

■やる気・根気といった
改善のしようがないものに頼るのではなく、
継続するための行動がしやすい環境を
どうつくっていくか、
を重点に進めていくのです。

■今後は、取手聖徳の生徒たちが活用しているこの手法を
ビジネスパーソン向けにカスタマイズして
セミナーを開催していきたいですね。

行動科学マネジメントで「継続力」をつけることで
より短い時間で仕事の成果が出るようになるはずです。