■ここ数年「ビッグデータ」という言葉を
よく耳にします。

■ビッグデータの定義が難しいのですが、
大規模にデータを集め、
そこから取捨選択、解析などを加えて、
将来の見通しなどに利用することを言います。

 

■現在、ビッグデータは主に企業で活用されていますが、
私は個人こそが活用すべきだと思っています。

 

■たとえば、
仕事であれば、何件電話して何分話しをして、何件アポがとれ、
何回何分商談し、その内の何件が成約に結びついたのか
という数字を細かくとるのです。

 

■あるいは、マネジメントであれば、
部下に何回何分指導をすれば、
具体的に行動が変わっていくのか。

 

■行動科学マネジメントは、
その名の通り科学の上に成り立っている方法論ですので、
何となく曖昧にやるのではなく、
きちんとデータを把握した上で
次に何をすべきか判断すると、
より適切な方法に再現を持って辿り着くことができます。

 

■プライベートでも、たとえば毎朝脈拍を測り健康管理をし、
ランニングであれば、練習時間、走行距離など取れるデータは
きちんと集めた上で、練習に励むとより効果的です。

 

■まずは1週間、自分の様々なデータを計測し、
記録することから始めてみてはいかがでしょうか。