■まず1冊目は

『マンガでよくわかる 教える技術』(かんき出版)

です。

■これは2011年に出版し、おかげさまでベストセラーになった
『教える技術』のマンガ版です。

■文字だけでなく、マンガ化することによって
行動科学のエッセンスがより分かりやすく
なっているので、初めて部下を持つ方、
現場の人に読ませるには最適だと思います。

■2冊目は

『会社の目標を絶対に達成する“仕組み”の作り方』(KADOKAWA/中経出版)

です。

中期経営計画に関する本になっています。
この本の完成には1年半以上かかりました。

■この本は経営幹部向きに書きました。

「中期経営計画を立てたのですが、毎年3ヶ月もすると皆忘れてしまうのです。」
「今年こそ経営計画を末端まで浸透させ、全員で目標を達成していきたい」

という幹部にぜひ読んでほしい本です。

■最近は募集しても人が来ない、人が採用できない、
メンタルダウンする人が増えてる、離職率が上がってきている等々を
講演やセミナー後によく聞きます。

2015年は特に国内をマーケットにしている企業は人口減社会に合った
マネジメントスタイルに変えていく必要があると思っています。

■そのためにも、行動変容をおこす再現性のあるマネジメントを
多くの方に学んで頂ければと、そういう思いで書きました。

ぜひ手にとってみてください。