■8月後半、今年もあと約4カ月ですね。

日本を取り巻く環境が
激変する中で、
昨年は東日本大震災が起き、
その後も、日本政治はなお混迷し、
世界情勢も日々動いています。

このあたりで、
一度“ふりかえり”を
しておきたいものです。

■日頃、気になる記事は
スクラップしているのですが、
昨年12月の日経に
こんな記事がありました。

■震災から8カ月を過ぎたころに
掲載されていたものです。

「3.11」が起きた後、
復興支援を通して
当事者意識を持つ人は
多かったですね。

また、岐路に立つ日本について危機感や、

「切り替えていかなければ」
「大胆な変革が必要だ」

と敏感になった人も
多いのではないかと思います。

ですが、この記事は

「巨大地震、大津波、原発事故の三大災害が
平安を貪っていた日本を
覚醒させる絶好の機会であったが、
企業も家計も政府も国会も自己変革を怠り、
再び安逸な昼寝に入ろうとしている」
(記事より一部抜粋)

と厳しく記しています。

■人は、馴化(じゅんか)するもの。
最初は刺激に敏感に反応していても、
次第に刺激に対する反応が減少(=慣れ)
していってしまうのですね。

■あのときに持っていた危機感を
いまもちゃんと持ち続けているか、
なおかつ、具体的な行動ができているか。

今年後半戦のビジネスに活かすためのも
今一度再チェックしたいですね。