■いよいよ梅雨突入かと思いきや、
急に真夏のような暑さになったり、天候が安定しませんね。
こういう時は体調を崩しやすいのでお気をつけください。
僕も水分、そしてトレーニング中は塩分も摂るようにしています。

■さて、先週末に新刊が発売されました。

『マンガでわかる! ほめる技術』(宝島社)

 

■みなさんは「ほめる」という行動には
どんな意味があると思いますか?

 

■「ほめる」ことは相手を承認する行為であり、行動の強化をし、
再現性のあるマネジメントにおいては不可欠な技術のひとつとなります。

 

■相手のことを何も考えずに人格だけをほめることは意味がないばかりか、
かえって相手に猜疑心を抱かせたり、
怒りを買ってしまう場合もあります。

 

■心にもないようなことでほめられて、
ムッとした経験は誰しもあるのではないでしょうか。

 

■相手に合わせて、どうほめれば成果が上がる行動に変わるのか。
効果が上がるのか。
これがほめる技術を身につける上で
一番重要なことですが、
本書ではシーン別のほめ方を細かく説明しています。

 

■特に部下や後輩を見て「どこもほめるところなんて無いけど」
と思ってしまう方はぜひ読んでみてください。

 

■もちろんビジネスマンだけでなく、学校の先生や子育て中の
おかあさんやおとうさんにも、
「ほめる技術」を活かしてほしいと思っています。