■ビジネスなどの社会的成功のカギは、
IQよりどちらかと言えばEQが重要。
つまり、能力云々の前に、
忍耐力などのセルフ・コントロールを
備えているかが大事である――これは、4歳児の
「マシュマロを食べずに我慢できる能力」を調べた
マシュマロ実験によるもの。

オックスフォード大学の心理学者であるウォルター・ミシェルが
実施したものです。

■具体的には、
4歳児たちを小さな部屋に招き、
マシュマロを前に置く。

「今、食べてもいいけれど、15分間待つことができたら
もうひとつマシュマロをあげる」

「途中で食べたくなったら、ベルを押せば食べられる
(もうひとつのマシュマロは無しになる)」

と伝え、実験者は部屋を出ます。

子ども時代の自制心と、
将来の社会的成果の関連性を調査した
実験です。

 

■子どもたちは、
自制心を働かせるために、
さまざまな工夫をしています。

たとえば、手で目を覆う子、
部屋の隅に立って見ないようにした子など、
マシュマロから注意を逸らそうとする
行動がみられました。

参加した4歳児のうち約25%が、
15分後まで「満足を遅延させること」
に成功したそうです。

 

■この実験から12年後、ミシェル氏は、
マシュマロ実験に参加した被験者約600名に対して、
アンケートを実施。

15分待てた子どもは、
30秒しか待てなかった子どもよりも、
SAT(大学進学適性試験)のスコアが
平均して210点高かったそう。

 

■EQが大事ということは、
なんとなくわかる気がしますよね。

僕のまわりでも、成功していると言われる人は、
セルフ・コントロールや忍耐力、
継続する力が半端ない人がほとんどですから。

でもこれが4歳の時点でわかってしまうのが驚きです。

 

■さて、マシュマロを15分待てた子どもたちは、
根性でガマンしたというより、
自分を上手にコントロールして、
「満足を遅延させること」に成功しました。

「今日は寒いから走るのをやめようかな……」

「禁煙してるけれど、1本くらいいいか……」

セルフマネジメントで、
ちょっと挫けそうになったときに、
「満足を遅延させる」ために工夫した
子どもたちのマシュマロ実験を
思い出してみてください。

「じゃあ、30分はやらないけれど15分はやろう」

「いやいや、アメ・ガムにしよう」

となり、継続する力が途切れず、
セルフマネジメントが強化できますよ。

 

P.S.

来年1月7日に発売予定の白戸太朗さんと共著の新刊

『挫けない力 逆境に負けないセルフマネジメント術』(清流出版)

特設ページが公開になりました。

興味深いアンケート調査結果なども掲載しています。
ぜひ、のぞいてみてください!