■今年4月に参加した
「サハラ砂漠250kmマラソン」
に続き、来年、2013年11月に行われる
「南極アイスマラソン」
にエントリーしました。

■砂漠の次は氷の世界です(笑)。
苦しかったサハラレースとは
また違った苛酷なレースになりそうです。
最近、まわりから
「石田さん、何やっている人かわからない」
なんてよく言われます(汗)。確かに!

 

■南極では、マラソンのほかに
トライアスロンも挑戦する予定です。
日本人はまだ参加したことがないようなので、
来年、日本人初参加となりそうです。

 

■11月なのでちょうど夏の時期ですが、
それでも気温はマイナス10~20度だとか。
当然泳げないので、
トライアスロンは、スイムのかわりに
クロスカントリーを行うとのこと。

 

■「南極アイスマラソン」
の参加者は毎年、
世界中から30~40人程度で、
サハラに比べるとずっと少人数の大会みたいです。

 

■まず参加者はチリに集合。
そこから南極へ向かいます。
日本からチリまで約40時間かかるらしいです。
レース参加にあたっての注意事項のひとつに
「レース後2週間は重要な予定は入れないでください」
というのがあり、これは、
天候によってはスムーズに帰ることができない
場合があるから、だそうです。

 

■この分だと、
来年の11月の私のスケジュールは、
丸々1カ月間、南極以外は何も
入れることができないかもしれませんね。

 

■このように、
いろいろとめんどくさいレースですから(笑)、
参加者も限られてきますよね。
日本人がまだあまり参加していないのもわかる気がします。

 

■さて、マイナス20度の中でのマラソンも
クロスカントリー経験もないので、
1年後とは言え、それに見合ったトレーニングを
始めなければなりません。

右も左もわからない状態で、
果たしてどうなることやらです。

 

■南極レースをクリアした暁には、
現地の氷で、
オンザロックのウィスキーで乾杯したい!
それを励みにがんばります!