■みなさんは、Z旗(ゼットき)をご存知ですか?
船同士の意思疎通のために使用する国際信号旗のひとつです。

そして、アルファベット旗の最後の文字であるZ旗は、
1805年、イギリス艦隊ネルソン提督が
「この戦いに敗れればもう後がない」
という意味を込めて旗艦に掲げ、
フランス・スペイン連合の無敵艦隊を撃破した旗で、
“勝利のシンボル旗”でもあります。

 

■日露戦争で大勝利した日本。
NHKドラマ「坂の上の雲」で、
日本海海戦の旗艦・三笠で、
主人公の秋山真之の発案で、
東郷平八郎がマストに掲げたのが、このZ旗です。

 

■「これに負けたら後がない。だから絶対に負けられない! 負けない!」
というZ旗スピリットは、
企業でも受け継がれています。

 

■たとえば、トヨタ「カローラ」は、
Z旗に因んで「すべての作業を優先せよ」
という意味を込め、つくられた車です。

 

■また、日産は、
「世界に通用するスポーツカーをつくる!」
という熱い想いで生まれたのが
「フェアレディZ」です。

 

■アメリカをはじめ世界で大ヒットとなりましたが、
生き残りをかけて、
開発スタッフたちが奮闘して生み出した
スポーツカー誕生の道のりには、
「Z計画」といものがあったそうです。

 

■この秘話は、
DVD『プロジェクトX 日産フェアレディZ』
で詳しく紹介されています。
とても興味深い内容ですので、
よかったら観てみてください。

 

■さて、昨年4月に挑んだサハラ砂漠250kmマラソン。
また、今年も来月開催されます。
今回は仲間6人が参加します。

 

■先日、ささやかな壮行会を行ったときに、
Z旗の刺繍が入った勝守を贈りました。
このお守り、原宿の東郷平八郎を祀る
東郷神社で手に入れることができるんですよ。

 

■実は、僕は昨年のサハラのレース中、
このお守りを肌身離さず持っていました。

 

■左足の付け根を痛めていて、
万全のコンディションでの参加ではなかったけれど、
このお守りのおかげもあり、
「何が何でも完走する!」
「途中でやめるわけにはいかない!」
「やると決めたのだから絶対にやりきる!」
と静かに燃えている自分がいました。

 

今年挑戦する仲間たち、
Z旗スピリットを持って、
楽しんできてください! がんばれ!!