■みなさんは、会社の部下、または、家で子どもに
リインフォースをしていますか?

■リインフォースとは、
望ましい行動を繰り返してもらうために、
その行動を強化すための行為のこと。

 

■たとえば、プレゼントや金銭の報酬や昇進などがあります。
中でも、最も簡単でいつでも誰にでもできるリインフォースが
褒め言葉です。

 

■褒める&認める。
部下や子どもに自発的に動いてもらうための
役立つツールなんですね。

 

■一方、望ましい行動を繰り返してもらうために、
叱るという方法もあります。
けれど、叱られて「しなくてはならない」と行動するよりも、
褒められて「またしよう!」と動くほうが、
はるかに人の自発的行動を増やします。

 

■とはいえ、
急に今日から部下を「褒める」というカタチで
リインフォースしなさいと言われても
なかなか難しいですよね。

 

■でも、週に2回くらいなら、
気負わずにできると思うのです。
そして、リインフォースしたら手帳にチェックしてください。
計測することで、現状が明確になり、
自分がとるべき行動が見えてきます。
自ずと続けることにもつながっていきます。

 

■「週に2回、その場で部下を褒める」――確実にできそうな
小さなステップを重ねることから始めるのが継続のコツ。

 

■上手に、部下が自ら動くようにうながしていきましょう。
これを読んでくれたリーダーのみなさん、
ぜひ、週明けから始めてみませんか!