■先日は久々に仙台へ。
街はとても活気がありましたね。

そして、仲間たちと飲んできました。
中には5年振りの友人も。
初顔合わせのメンバー同士もいたりする中、
たのしいひとときでした。

■メンバーのひとりで、

『心が喜ぶ働き方を見つけよう』(大和書房)

の著者の立花貴さんは、
伊藤忠商事に勤務した後、
独立して食品系のベンチャーを設立。

東日本大震災後に、
宮城県石巻市雄勝町に住民票を移し、漁師に。

地元漁師たちと会社「オーガッツ(OH!GUTS!)」を立ち上げ、
生産(養殖)から販売までを「一気通貫」して、
現地の復興につなげ、
漁業の新しいビジネスモデルを作り出しています。

■また、

「美容師が夢を持って生涯働き続けられるビジネスモデルを、
被災地の東北から発信したい」

という早瀬渉さん。

全国に約100店舗ある大手美容室グループの役員を務め、
震災を機に、ラポールヘア・グループを設立。

被災地に「復興支援美容室」を開業し、
「被災地に 働く美容室を!復興支援プロジェクト」
として、美容業界、美容師の支援を続けています。

■被災地から、新たなビジネスモデルで
歩み始めている友人たち。

自分の気持ちに正直に、
実際に行動することが重要なんだよね、と
再確認した夜でした。

■結局、すばらしいビジョンを語り、
いいことを言う人はいっぱいいるけれど、
実際に行動する人は少数。

■僕は、自分にできる新しい役割を見つけ出して、
たとえ小さなチャレンジでも
行動する人が好きですね。

■また、東北のみんなでざっくばらんに話をしつつ、
飲みたいですね。
元気をもらった一夜でした。