マネジメント用語集

HOME > マネジメント用語集 > た行

頭文字から探す

カテゴリーから探す

入力して探す

た行の用語

マネジメント用語集 マネジメント た行

カテゴリ:た行

 た行


タイムシェアリング・システム
1つの機会装置を複数の目的のために同時的に使用することである。タイムシェアリング・システムは通信回線で多数の遠隔端末機器を中央のコンピュータに接続して、多くの利用者が同時並行的に利用できるコンピュータ・システム。
 
タスク・フォース
近代的な経営管理はその基礎としてタスク・アイディアをもっている。タスクを達成する場合、単独作業によることもあるが、多くは協働作業によるのである。この協働グループをタスク・フォースと呼ぶ。
 
中間管理層
現代の企業における管理組織は複雑であり、その階層も増大している。上層部の組織を最高管理組織またはトップ・マネジメント(top management)の組織といい、それに従属してはいるが、作業組織と直結していない中間部の組織を中間管理組織またはミドル・マネジメントの組織という。
 
デシジョン・ツリー
意思決定者のおかれている意思決定状況、すなわち、選択可能な行動の代替案、生じうる自然の状態、その2つの組合せの結果取得しうる利得を、樹形に示したもの。決定樹形図ともいわれる。
 
動機づけ
動機は自律神経系統などの基本的な欲求によって起こるという基本的な考え方に加えて、社会的要因および人間と環境との交互作用から動機は人間の間のさまざまな状況から起こされると考えられている。
 
動的計画法
数学的計画法の一手法。不確実性、時間性、多段階性などの要素を本格的に取り入れている点で、線型計画法、コンベックス・プログラミングなどと区別されるもの。ダイナミック・プログラミングともよぶ。
 
トップ・マネジメント
経営体の階層を表示するために、一般に経営、管理、監督、作業の4つが区分されるが、トップ-ミドル-ロワーの区別もしばしば取り上げられる。経営において最高位に属する、トップによるマネジメントのこと。

「マネジメント用語集 マネジメント た行」の意味を知る

マネジメント用語集 マネジメント た行

カテゴリ:た行

 た行


タイムシェアリング・システム
1つの機会装置を複数の目的のために同時的に使用することである。タイムシェアリング・システムは通信回線で多数の遠隔端末機器を中央のコンピュータに接続して、多くの利用者が同時並行的に利用できるコンピュータ・システム。
 
タスク・フォース
近代的な経営管理はその基礎としてタスク・アイディアをもっている。タスクを達成する場合、単独作業によることもあるが、多くは協働作業によるのである。この協働グループをタスク・フォースと呼ぶ。
 
中間管理層
現代の企業における管理組織は複雑であり、その階層も増大している。上層部の組織を最高管理組織またはトップ・マネジメント(top management)の組織といい、それに従属してはいるが、作業組織と直結していない中間部の組織を中間管理組織またはミドル・マネジメントの組織という。
 
デシジョン・ツリー
意思決定者のおかれている意思決定状況、すなわち、選択可能な行動の代替案、生じうる自然の状態、その2つの組合せの結果取得しうる利得を、樹形に示したもの。決定樹形図ともいわれる。
 
動機づけ
動機は自律神経系統などの基本的な欲求によって起こるという基本的な考え方に加えて、社会的要因および人間と環境との交互作用から動機は人間の間のさまざまな状況から起こされると考えられている。
 
動的計画法
数学的計画法の一手法。不確実性、時間性、多段階性などの要素を本格的に取り入れている点で、線型計画法、コンベックス・プログラミングなどと区別されるもの。ダイナミック・プログラミングともよぶ。
 
トップ・マネジメント
経営体の階層を表示するために、一般に経営、管理、監督、作業の4つが区分されるが、トップ-ミドル-ロワーの区別もしばしば取り上げられる。経営において最高位に属する、トップによるマネジメントのこと。

「マネジメント用語集 マネジメント た行」の意味を知る

マネジメント用語集 マーケティング た行

カテゴリ:た行

 た行


代替効果
消費者選択の理論において、ある商品またはサービスなどの価格の変化が他の財貨の需要量に与える効果から所得効果の分を差し引いたもののこと。
 
 
ダイレクト・メール広告
直接宛名広告のこと。特定の個人もしくは集団(消費者の場合は家庭)を対象に、相手名を明記して郵便により、コミュニケーションを行なう。コミュニケーション受信者からすればそれだけ親近感が生じ、また自らが特に選定の対象とされたという事実を評価するところとなって、コミュニケーション効果は比較的高くあらわれるが、反面、広域散布ではないこと、コストが割高につくことなどが難点とされる。
 
第一次集団/primary groups
 家族、友人、近所の人、職場の同僚など、持続性があって私的なつきあいのある集団。
 
 
 
耐久性/durability
 自然な状態あるいは過酷な使用状態で、その製品が機能すると予測される耐用期間。
 
対象市場/served market
 当該企業の製品を購入する能力と意思のあるすべての買い手。
 
対象市場シェア/served market share
 対象市場において当該企業の売上が占めている比率。
 
態度/attitude
 ある個人が持続して有する、物事や考え方に対する好意的または非好意的な評価、感情、
行動の傾向。
 
対等価格/arm’s-length price
 競合他社が同党品か類似品につける価格と同程度の価格。
 
第二次集団/secondary groups
 宗教団体、職場団体、労働組合など、公的で第一次集団ほど持続的なやりとりのない集
団。
 
代表制ヒューリスティック/representativeness heuristic
 消費者は結果が他の事例をどれだけ代表するものか、あるいは類似しているかをもとに
予測を行う。
 
ダイレクトオーダー・マーケティング/direct-order marketing
 一般的に顧客からの注文という形での、測定可能な反応を求めるマーケティング。
 
ダイレクト・マーケティング/direct marketing
 仲介業者を使わずに消費者直接販売(CD)チャネルを利用して、顧客に到達し、財やサ
ービスを届けること。
 
抱き合わせ購入契約/tying agreements
 強力なブランドを有する生産者が、同じ製品ラインの他製品またはサービスも買うこと
を条件にディーラーに販売する契約。
 
 
ターゲット・コスティング/target costing
 製品がアピールする力や競合製品の価格を考慮して、売れる価格を決定し、その価格か
ら望ましい利益マージンを差し引くこと。
 
ターゲットリターン価格設定/target-return pricing
 企業が目標としる投資収益率(ROI)を生むように価格を決定すること。
 
短期記憶/short-term memory
 一時的な情報保持。
 
ダンピング/dumping
 企業が市場参入や市場獲得の目的で原価を下回る価格を設定したり、国内価格より安い
価格で製品を売ったりすること。
 
地位/status
 自分の属する階層や文化における立場。
 
知覚/perception
 人が与えられた情報を選別し、編成し、解釈し、そこから意味のある世界観を形成するプロセス。
 
知覚価値/perceived value
 企業の価値提案で約束し、顧客に知覚された価値。
 
チャネル・アドバンテージ/channel advantage
 売上の減少やサービス品質の低下がないという前提で、顧客を低コストのチャネルへと
移動させることに成功した場合をいう。
 
チャネル協調/channel coordination
 潜在的に相反する独自の目標をもった各チャネル・メンバーが、チャネル全体の目標の
ためにまとまること。
 
チャネル・コンフリクト/channel conflict
 あるチャネル・メンバーの行動がチャネルの目標達成を妨害すること。
 
 
チャネル・パワー/channel power
チャネル・メンバーの行動に影響を与え、さまざまな行動を起こさせる能力。
 
中核ベネフィット/core benefit
 顧客が実質的に手に入れる基本的なサービスやベネフィット。
 
注文の容易さ/ordering ease
 顧客がその企業に注文することがどれだけ簡単かということ。
 
長期記憶/long-term memory
 永久的な情報保持
 
直接製品収益性/direct product profitability
 製品が倉庫に到着してから顧客が店舗で購入するまでの取り扱いコストを測定する方法。
 
直接的な(社内の)セールス・フォース/direct(company)sales force
 当該企業専従で働くフルタイムもしくはパートタイムの従業員
 
直接導入/straight extension
 製品にまったく変更を加えずに国外市場に導入すること。
 
追跡調査/tracking studies
 一定期間にわたって日常ペースで情報を消費者から集めること。
 
 
手がかり/cues
 いつ、どこで、どのように反応するかを決める小さな刺激。
 
適合性の原理/principle of congruity
 消費者は一見関連性のある対象を、自分の好感度においてできるだけ類似したものとし
てみたがるという心理メカニズム。
 
適合品質/conformance quality
 生産された製品すべてが等しく、約束された仕様を満たしている程度。
 
データ・ウェアハウス/data warehouse
 企業のコンタクトセンターにより収集され、系統化され、保管された現在データの集積。
データベース・マーケティング/database marketing
 顧客との接触や取引、そしてカスタマー・リレーションシップの構築を目的として、顧
客データベースやその他のデータベースを構築し、メンテナンスし、活躍するプロセス。
 
データマイニング/datamining
 大量のデータから、個人、トレンド、セグメントについて有効な情報を取り出すこと。
 
デマンド・チェーン・プランニング/demand chain planning
 まず標的市場を決め、そこからさかのぼってサプライ・チェーンを設計していくプロセ
ス。
 
テレマーケティング/telemarketing
 電話とコールセンターを使って、顧客を新たに開拓したり、既存顧客に販売したり、注
文を受けたり、問い合わせに答えるといったサービスを提供したりすること。
 
電子購買/e-purchasing
 企業が財、サービス、情報をさまざまなオンラインの供給業者から購入すること。
 
電子商取引/e-commerce
 企業もしくはサイトがオンラインでの取引を提供したり、商品やサービスの販売をオン
ラインによって促進したりすること。
 
電子ビジネス/e-business
 企業がビジネスを行うにあたって、電子的な手段および電子プラットフォームを使用す
ること。
 
電子マーケティング/e-marketing
 企業がインターネットを通じて購買者に情報を提供し、コミュニケーションを行い、プ
ロモーションし、製品やサービスを販売すること。
 
伝統的マーケティング・チャネル/conventional marketing channel
 マーケティング活動を混ぜたり組み合わせたりして、その個々の効果と全体としての効
果を最大にすること。
 
テスト・マーケティング
新製品の本格的な市場導入前に、少数の地域において、新製品のためのマーケティングプログラムをテストするマーケティング。テスト・マーケティングによって、製品・マーケティングが事前テストされたり、新製品の潜在販売高についての情報が増加するとか、今まで見逃されてきた製品の欠陥が発見できるとか、流通段階での問題(中間商の新製品への反応、最終消費者の反応など)を明らかにする手がかりが得られる。
 
デモンストレーション
実演販売。新機能、新用途、新概念の製品は、その用い方、消費生活におけるその活用の仕方を見込顧客に対して具体的に示すことが、その市場形成の上で欠かせない。その手法として、見本市会場、ショー・ルーム、小売店頭などにおけるデモンストレーター(実演販売員)による具体的な使用方法、活用方法、の説明を行うこと。
 
投影法
動機調査の中の代表的な方法の1つで、自分の欲求や態度、さらには習性を自分以外の人や物に帰するという投影的原理を応用して、消費者の購買動機を解明しようとする方法。
 
統合型ロジスティック・システム/integrated logistics sysyrms(IMC)
 情報技術に支援された原材料管理、原材料フロー・システム、物流のこと。
特徴/features
 製品の基本的な機能を高めること。
 
トータル・クオリティ・マネジメント/total quality management
 組織内のあらゆるプロセス、製品、サービスの品質を常に向上させ続けるための全社的
な取り組み
 
取り付け/installation
 予定された場所で製品が稼働できるようにするための作業
 
取引/transaction
 2つ以上のグループ間でなされる価値のやり取り。例えばAがBにXを与え、代わりに
BからYを受け取る。
 
トレンド/trend
 事象の方向性もしくは連続性のことであり、ある程度の勢いと持続性を備えたもの。
 

「マネジメント用語集 マーケティング た行」の意味を知る

マネジメント用語集 行動科学 た行

カテゴリ:た行

 た行

 

成果主義、能力主義
 個人の能力を重視する組織運営の形態。ある人がどれだけ具体的な成
果を出したかを見て給与その他の評価を与えようとするもので、旧来
の日本型マネジメントとは対極にある。バブル崩壊以降、多くの日本
企業が成果主義、能力主義を積極的に取り入れたが、これによってモ
チベーションが高まったのはごく一部のトップ社員にとどまった。多
くの社員は勤労意欲を失い、結果的に会社全体の競争力を下げてしまっ
た・そればかりか、会社に対する忠誠心や社会的モラルお低下を招く
など弊害が多い。
 
徹底的行動主義
 意識(こころ)を明らかにする為に行動を調べるのではなく、明か
 かにすべきは行動であり、意識やし好も行動の一部といなして研究す
 るという考え方。徹底的行動主義はまた徹底的環境主義でもある。
 
チェックリスト
 行動のやり方を具体的に教えるためのツール。細分化された行動を文
書化したもので何十項目、場合によっては百項目以上にわたる。各項
目を自分でチェックしていくと、できる部分とできない部分が明かに
なる。できない部分をトレーニングすることで効率的に上達する。
鼓動科学マネジメントで特に重視するツールである。
 
ディスクレーショナリー・エフォート
 自発的行動を言い換えてもよい。各人のディスクレーショナリー・エ
 フォードを引き上げることが全社的に業績を上げる近道である。
 
 

「マネジメント用語集 行動科学 た行」の意味を知る