マネジメント用語集

HOME > マネジメント用語集 > ま行

頭文字から探す

カテゴリーから探す

入力して探す

ま行の用語

マネジメント用語集 マネジメント ま行

カテゴリ:ま行

 ま行


マークアップ
仕入原価(製造原価)と販売価格との差額を言う。利幅、利鞘ともいう。絶対額で表わされることもあるが、仕入れ原価、あるいは、販売価格に対する比率で表わされる。
 
マクロ・モデル
個々の消費者、個々の家計、あるいは個々の企業のような個々\\の経済主体の意思決定過程、より広義には個別経済主体あるいは個別生活主体の行動あるいは構造についてのモデルをミクロモデルという(微視的モデル)と呼ぶのに対し、広範な経済集計量のあいだの関係、くだいて言えば一国の経済動向全体、経済構造全体、より広義には一国の経済・社会全体に関するモデルをマクロ・モデルといわれる。
マーケティング・マネジメント
会社の生産資源と重要とを適合させるに必要な諸活動に関するトータル・マネジメントの一面。マーケティング目標達成のため企画的諸活動の管理に関するもので、その機能として計画機能、組織機能、調整機能、統制機能が存在している。
 
マーケティング・マネジメント・システムズ
個別企業におけるマーケティング・マネジメントを、1つのトータル・システムとして把握し、そこに、有機的連関性をもつ多階層のサブシステムを識別しようとするマーケティング分析上のシステム設計。
 
マス・コミュニケーション
コミュニケーションは意志や情報が授受される過程であり、パーソナル・コミュニケーションとマス・コミュニケーションとにわけることができる。マス・コミュニケーションの伝達手段は多数の大衆への伝達を強調して、新聞、雑誌などの印刷媒体やテレビ、ラジオなどの電波媒体のような大規模な機械的手段に依存しているため範囲も拡大され、かつ迅速になった反面、一方的伝達となり、反応の交流はいちじるしく妨げられていると言われている。
 
マーチャンダイジング
製造業者および中間商が、その製品を市場需用に適合させようとするあらゆる計画活動をいう。マーチャンダイジングと、卸売業者や小売業者によるマーチャンダイジングに大別される。
 
ミニマックス・リグレット基準
不確実性のもとでの意思決定、とくに真の以前の状態の生起について完全に不明な場合の意思決定における行動基準の1つで、Savageによって提唱された。特定の自然の状態のもとでは、最適の行動の代替案以外の代替案を選ぶときは、さまざまな大きさの機会損失をもたらすが、各行動の代替案の採用にともなって生じうる最大(マキシマム)の機会損失にまず注目し、次に、その最大機会損失の中では最小(ミニマム)の機会損失ですむような行動の代替案を採用せよと示唆する行動基準である。
 
目標管理
組織はそれに参加している多くの人々によって、その目標が達成される。この場合、人々は創造することに直接参画し、動機付けられ、自分の力が加えられて完成したのだという、満足感が最も重要なものとなる。従来からの組織観のもとにおいては、個人の能力は十分に生かされていないし、自己の創造力をもって参加するというダイナミックな行動もない。従業員の欲求は何か。そうして、この欲求充足と企業目標の達成とがなぜつながらないのか。企業の組織構造は従業員の欲求充足を刺激しているのか、抑制しているのか。こういった一連の問題について新しい研究がなされてきた。組織体における人間の行動の座標軸にのせて、すべての現象を客観的に分析していく行動科学の研究がこれであった。組織の人間は自己の立てた目標のためには自らをムチ打ってこれを達成させるものであり、自我の欲求や自己実現の欲求の満足という最大の報酬が目標に対する努力をかり立てる動因となる。このように従業員個々人の目標と企業目標との統合をはかる体制での管理を、目標による管理あるいは目標管理という。
 
目標計画モデル
目標計画表ともいわれる。基本的には数学的プログラミングに含まれる1つのモデルである。
 
目標設定
経営体における基本方針は最高管理層の計画であるので、行動そのものを示すものではなく、行動のよりどころであり、言い換えると目標ということである。一定期間における行動の指針であることからして目標設定は大きな意義をもつ。
 
目標変数
計量経済モデルにせよ、オペレーションズ・リサーチにおけるモデルにせよ、目標変数、政策手段変数(捜査可能変数)およびその他の変数がまず識別され、それらの相互関係を表現するモデルが設定され、そのうえでそのモデルに基づいて目標変数の最適化、あるいは満足化をもたらすような政策手段変数(操作可能変数)の組み合わせ(ポリシー・ミックス)が探索される。

「マネジメント用語集 マネジメント ま行」の意味を知る

マネジメント用語集 マネジメント ま行

カテゴリ:ま行

 ま行


マークアップ
仕入原価(製造原価)と販売価格との差額を言う。利幅、利鞘ともいう。絶対額で表わされることもあるが、仕入れ原価、あるいは、販売価格に対する比率で表わされる。
 
マクロ・モデル
個々の消費者、個々の家計、あるいは個々の企業のような個々\\の経済主体の意思決定過程、より広義には個別経済主体あるいは個別生活主体の行動あるいは構造についてのモデルをミクロモデルという(微視的モデル)と呼ぶのに対し、広範な経済集計量のあいだの関係、くだいて言えば一国の経済動向全体、経済構造全体、より広義には一国の経済・社会全体に関するモデルをマクロ・モデルといわれる。
マーケティング・マネジメント
会社の生産資源と重要とを適合させるに必要な諸活動に関するトータル・マネジメントの一面。マーケティング目標達成のため企画的諸活動の管理に関するもので、その機能として計画機能、組織機能、調整機能、統制機能が存在している。
 
マーケティング・マネジメント・システムズ
個別企業におけるマーケティング・マネジメントを、1つのトータル・システムとして把握し、そこに、有機的連関性をもつ多階層のサブシステムを識別しようとするマーケティング分析上のシステム設計。
 
マス・コミュニケーション
コミュニケーションは意志や情報が授受される過程であり、パーソナル・コミュニケーションとマス・コミュニケーションとにわけることができる。マス・コミュニケーションの伝達手段は多数の大衆への伝達を強調して、新聞、雑誌などの印刷媒体やテレビ、ラジオなどの電波媒体のような大規模な機械的手段に依存しているため範囲も拡大され、かつ迅速になった反面、一方的伝達となり、反応の交流はいちじるしく妨げられていると言われている。
 
マーチャンダイジング
製造業者および中間商が、その製品を市場需用に適合させようとするあらゆる計画活動をいう。マーチャンダイジングと、卸売業者や小売業者によるマーチャンダイジングに大別される。
 
ミニマックス・リグレット基準
不確実性のもとでの意思決定、とくに真の以前の状態の生起について完全に不明な場合の意思決定における行動基準の1つで、Savageによって提唱された。特定の自然の状態のもとでは、最適の行動の代替案以外の代替案を選ぶときは、さまざまな大きさの機会損失をもたらすが、各行動の代替案の採用にともなって生じうる最大(マキシマム)の機会損失にまず注目し、次に、その最大機会損失の中では最小(ミニマム)の機会損失ですむような行動の代替案を採用せよと示唆する行動基準である。
 
目標管理
組織はそれに参加している多くの人々によって、その目標が達成される。この場合、人々は創造することに直接参画し、動機付けられ、自分の力が加えられて完成したのだという、満足感が最も重要なものとなる。従来からの組織観のもとにおいては、個人の能力は十分に生かされていないし、自己の創造力をもって参加するというダイナミックな行動もない。従業員の欲求は何か。そうして、この欲求充足と企業目標の達成とがなぜつながらないのか。企業の組織構造は従業員の欲求充足を刺激しているのか、抑制しているのか。こういった一連の問題について新しい研究がなされてきた。組織体における人間の行動の座標軸にのせて、すべての現象を客観的に分析していく行動科学の研究がこれであった。組織の人間は自己の立てた目標のためには自らをムチ打ってこれを達成させるものであり、自我の欲求や自己実現の欲求の満足という最大の報酬が目標に対する努力をかり立てる動因となる。このように従業員個々人の目標と企業目標との統合をはかる体制での管理を、目標による管理あるいは目標管理という。
 
目標計画モデル
目標計画表ともいわれる。基本的には数学的プログラミングに含まれる1つのモデルである。
 
目標設定
経営体における基本方針は最高管理層の計画であるので、行動そのものを示すものではなく、行動のよりどころであり、言い換えると目標ということである。一定期間における行動の指針であることからして目標設定は大きな意義をもつ。
 
目標変数
計量経済モデルにせよ、オペレーションズ・リサーチにおけるモデルにせよ、目標変数、政策手段変数(捜査可能変数)およびその他の変数がまず識別され、それらの相互関係を表現するモデルが設定され、そのうえでそのモデルに基づいて目標変数の最適化、あるいは満足化をもたらすような政策手段変数(操作可能変数)の組み合わせ(ポリシー・ミックス)が探索される。

「マネジメント用語集 マネジメント ま行」の意味を知る

マネジメント用語集 マーケティング ま行

カテゴリ:ま行

ま行

マイクロサイト/microsite
 外部の広告主/企業が料金を支払って管理している、ウェブ上の限定されたエリア。
 
マークアップ/maekup
 製品のコストに標準的な利益を上乗せする価格設定方法。
 
マーケター/marketer 
 見込み客と呼ばれる他社からの反応(注目、購買、投票、寄付)を求めている人のこと。
 
マーケット・ロジスティック/market logistic
 顧客の要素を満たしかつ利益を上げるために、要件を満たすインフラストラクチャーを
計画し、生産地点から使用地点までの原材料と最終製品の物的な流れを導入し、コント
ロールする。
 
マーケティング/marketing
 個人および組織の目標を達成しうる交換を成立させるために、アイデア、財、サービス
の着想、価格設定、プロモーション、流通を計画し実行するプロセス。
 
マーケティング意思決定サポート・システム/marketing decision support system(MDSS)
  収集したデータ、システム、ツール、および支援ソフトウェアとハードウェア技術を連
繁させたものであり、これによって、組織はビジネスや環境から関連のある情報を収集・解釈し、マーケティング活動の基盤にする。
 
マーケティング・インテリジェンス・システム/marketing intelligence system
 マーケティング環境で起こっている状況について、日々の情報を得るためにマネジャー
が利用する手順と情報源のこと。
 
マーケティング監査/marketing audit
 企業または事業単にのマーケティング環境、目的、戦略および活動に対して包括的、系統的、独立的、定期的な調査を行うこと。
マーケティング機会/marketing opportunity
 企業がそのニーズを満たして利益を上げられる可能性の高い購買者ニーズと関心が存在
している分野。
 
マーケティング計画/marketing plan
 マーケターが市場を研究した結果を要約し、企業がマーケティング目的に達するための計画を記した文書で、マーケティング努力の方向性を示し調整するのに役立つ。
 
マーケティング・コミュニケーション/marketing communications
 企業が自社の販売する製品やブランドについて消費者に直接ないし間接的に情報を発信
し、説得し、想起させようとする手段。
 
マーケティング・コミュニケーション・ミックス/ marketing communications mix
 広告、販売促進、イベントと経験、パブリック・リレーションズおよびパブリシティ、ダイレクト・マーケティング、人的販売
 
マーケティング情報システム/marketing information system
 マーケティング意思決定者のために情報を収集、選別、分析、評価、伝達するための人
員、装置、手順のこと。
 
マーケティング・チャネル/marketing channels
 製品やサービスの使用または消費を可能とするプロセスに関わる、相互依存的な組織集
団。
 
マーケティング・チャネル・システム/marketing channels system
 企業によって採用されたマーケティング・チャネルの組み合わせ。
 
マーケティング・ネットワーク/marketing network
 企業とそれを支えるステークホルダーで、相互に利益のあるビジネス関係を築いている。
 
マーケティングの実行/marketing implementation
 マーケティング計画を具体的な任務に割り振り、計画に示された目的の達成のために任務が実行されることを確実にするプロセス。
 
マーケティングの測定尺度/marketing matrics
 企業がマーケティング成果を定量化、比較、解釈するときに使うさまざまな基準。
マーケティング・パブリック・リレーションズ/marketing public relations(MPR)
企業や製品のイメージを構築し、マーケティング目標の達成を促進するためのパブリシティをはじめとする活動。
 
マーケティング・マネジメント/marketing management
 ターゲット市場を選択し、優れた顧客価値を創造し、提供し、伝達することによって、顧客を獲得し、維持し、育成していく技術および科学。
 
マーケティング・リサーチ/marketing research
 企業が直面する特定の市場状況に関するデータと調査結果の体系的なデザイン、収集、
分析、報告。
 
マルチタスク/multitasking
 一度に2つ以上のことを同時進行させること。
 
マルチチャネル・マーケティング/multichannel marketing
 1つの企業が複数の顧客セグメントに到達するために、複数のマーケティング・チャネ
ルを使うこと。
 
マクロ・マーケティング
マーケティングを社会経済的立場から巨視的に分析し、把握しようとするもの。経済の全マーケティング・システムズを考察しようとするもので、流通対策ならびに流通行政面が中心。
 
マーケティング
マーケティングの定義に統一見解はない。E.Aダディ(E.A. Duddy)ならびにD.A. レブザン(D.A. Revzan)は、「マーケティングは、商品またはサービスを交換したり、それらを貨幣価値で価値づけたりする過程であるが、単にそれらの物理的移転だけでなく、消費者の欲求をできるだけよく満足させるような方法で、生産地点から最終消費地点まで流すための経済過程である」と、またT.N. ベックマン(T.N. Beckman)は「経済財ならびにサービスに対する需要構造を、かかる商品ならびにサービスのコンセプション、プロモーション、取引、ならびに物的流通を通じて予知あるいは拡大し、また満足させる社会におけるプロセスである」と述べている。
 
マーケティング経路
販売経路ともいう。流通を構成する個々の企業、とりわけ起点の位置にある製造業あるいは生産者の視点からとらえた自己の財貨もしくはサービスの流れの経路・コースを意味する概念。
 
マーケティング効率
マーケティング効率には2通りの意味がある。狭義では、マーケティング全体に対して、それを構成する諸活動である市場調査、製品計画、販売活動、販売経路、広告宣伝および販売促進といった個別の立場からなされる、個別費用額に対する成果(成果/費用)の測定であり、マーケティング・コスト配分のなされ方による貢献度の検討である。ここにマーケティング・ミックスの重要さを知ることができる。
 
マーケティング・サイエンス
マーケティング科学ともいう。1945年にコンバースがマーケティングの科学的地位に関する問題提起の論文を発表してから、マーケティングは科学か技術かについて多年にわたり論議されてきた。E.T. グレサー(E.T. Grether)は、マーケティング・サイエンスを一層発展させるために必要なものは、①マーケティングの事実を分析するたまのよきツール、②マーケティング現象に関する正しい問題提起をするのに役立ち、また拡大された重要な意味をもつ秩序だったパターンに事実を適合させるのに役立つような概念の枠の開発である、と述べている。
 
マーケティング・マップ
一般消費市場をいくつかの地域別ブロックにわけ、各地域ブロックの地域別ブロックの市場に分析し、その分析結果を図表ならびにその説明によって、明確かつ一覧的に表現したマップ。
 
マルチプル・アド
雑誌などで、一広告主が数ページにわたって掲載する広告をマルチプル・アド、あるいは多ページ広告といわれる。
 
ミクロ売上分析/microsales analysis
 売上目標を達成できなかった個々の製品や地域を検討すること。
 
ミッション・ステートメント/mission statements
 組織がマネジャー、従業員、そして(多くの場合)顧客と共有するために作成した声明。
 
ミクロ・マーケティング
経済システム内の個別企業の立場からマーケティング問題をとらえようとするもの。今日、通常いわれているマーケティングは、このミクロ・マーケティングを意味する。
 
ミクロ・マーケティング決定モデル
ミクロの経済主体としての企業のマーケティング上の意思決定に用いられるモデル。その中に流通決定モデル、価格決定モデル、販売員決定モデル、広告決定モデルという4つのモデルのカテゴリーを設けている。
 
メタ・マーケティング
メタ・マーケティングはさらに概念的組成の枠を拡大し、システムズ・アプローチやそれと関連をもつインターディシプリナリー・アプローチなどを含む総合的なアプローチとして想定されるところの新しい試みである。
 
メガトレンド/megatrends
 社会、経済、政治、技術の大きな変化で、ゆっくりと形成されるが、ひとたび起これば、7~10年、あるいはもっと長く影響を及ぼす。
 
メガマーケティング/megamarketing
 特定市場に参入し事業を展開するため、経済的スキル、心理的スキル、政治的スキル、
パブリック・リレーションズ・スキルを戦略的に調整して、多くの当事者の協力を得る
マーケティング手法
 
メンタル・アカウンティング(心の会計)/mental accounting
消費者が選択から生じる金銭的な結果を符号化し、分類し、評価する方法のこと。
 
メンテナンスと修理/maintenance and repair
 顧客が購入した製品を良好な作動状態に保つためのサービス・プログラム。
 
メンバーシップ・グル―プ/membership groups
 個人に直接影響を与える集団。
目標設定/goal formulation
 啓格対象期間の具体的な目標を設定するプロセス
 
最寄品/convenience goods
 消費者が頻繁に、即座に、最小限の努力で購入する商品

「マネジメント用語集 マーケティング ま行」の意味を知る

マネジメント用語集 マーケティング ま行

カテゴリ:ま行

ま行

マイクロサイト/microsite
 外部の広告主/企業が料金を支払って管理している、ウェブ上の限定されたエリア。
 
マークアップ/maekup
 製品のコストに標準的な利益を上乗せする価格設定方法。
 
マーケター/marketer 
 見込み客と呼ばれる他社からの反応(注目、購買、投票、寄付)を求めている人のこと。
 
マーケット・ロジスティック/market logistic
 顧客の要素を満たしかつ利益を上げるために、要件を満たすインフラストラクチャーを
計画し、生産地点から使用地点までの原材料と最終製品の物的な流れを導入し、コント
ロールする。
 
マーケティング/marketing
 個人および組織の目標を達成しうる交換を成立させるために、アイデア、財、サービス
の着想、価格設定、プロモーション、流通を計画し実行するプロセス。
 
マーケティング意思決定サポート・システム/marketing decision support system(MDSS)
  収集したデータ、システム、ツール、および支援ソフトウェアとハードウェア技術を連
繁させたものであり、これによって、組織はビジネスや環境から関連のある情報を収集・解釈し、マーケティング活動の基盤にする。
 
マーケティング・インテリジェンス・システム/marketing intelligence system
 マーケティング環境で起こっている状況について、日々の情報を得るためにマネジャー
が利用する手順と情報源のこと。
 
マーケティング監査/marketing audit
 企業または事業単にのマーケティング環境、目的、戦略および活動に対して包括的、系統的、独立的、定期的な調査を行うこと。
マーケティング機会/marketing opportunity
 企業がそのニーズを満たして利益を上げられる可能性の高い購買者ニーズと関心が存在
している分野。
 
マーケティング計画/marketing plan
 マーケターが市場を研究した結果を要約し、企業がマーケティング目的に達するための計画を記した文書で、マーケティング努力の方向性を示し調整するのに役立つ。
 
マーケティング・コミュニケーション/marketing communications
 企業が自社の販売する製品やブランドについて消費者に直接ないし間接的に情報を発信
し、説得し、想起させようとする手段。
 
マーケティング・コミュニケーション・ミックス/ marketing communications mix
 広告、販売促進、イベントと経験、パブリック・リレーションズおよびパブリシティ、ダイレクト・マーケティング、人的販売
 
マーケティング情報システム/marketing information system
 マーケティング意思決定者のために情報を収集、選別、分析、評価、伝達するための人
員、装置、手順のこと。
 
マーケティング・チャネル/marketing channels
 製品やサービスの使用または消費を可能とするプロセスに関わる、相互依存的な組織集
団。
 
マーケティング・チャネル・システム/marketing channels system
 企業によって採用されたマーケティング・チャネルの組み合わせ。
 
マーケティング・ネットワーク/marketing network
 企業とそれを支えるステークホルダーで、相互に利益のあるビジネス関係を築いている。
 
マーケティングの実行/marketing implementation
 マーケティング計画を具体的な任務に割り振り、計画に示された目的の達成のために任務が実行されることを確実にするプロセス。
 
マーケティングの測定尺度/marketing matrics
 企業がマーケティング成果を定量化、比較、解釈するときに使うさまざまな基準。
マーケティング・パブリック・リレーションズ/marketing public relations(MPR)
企業や製品のイメージを構築し、マーケティング目標の達成を促進するためのパブリシティをはじめとする活動。
 
マーケティング・マネジメント/marketing management
 ターゲット市場を選択し、優れた顧客価値を創造し、提供し、伝達することによって、顧客を獲得し、維持し、育成していく技術および科学。
 
マーケティング・リサーチ/marketing research
 企業が直面する特定の市場状況に関するデータと調査結果の体系的なデザイン、収集、
分析、報告。
 
マルチタスク/multitasking
 一度に2つ以上のことを同時進行させること。
 
マルチチャネル・マーケティング/multichannel marketing
 1つの企業が複数の顧客セグメントに到達するために、複数のマーケティング・チャネ
ルを使うこと。
 
マクロ・マーケティング
マーケティングを社会経済的立場から巨視的に分析し、把握しようとするもの。経済の全マーケティング・システムズを考察しようとするもので、流通対策ならびに流通行政面が中心。
 
マーケティング
マーケティングの定義に統一見解はない。E.Aダディ(E.A. Duddy)ならびにD.A. レブザン(D.A. Revzan)は、「マーケティングは、商品またはサービスを交換したり、それらを貨幣価値で価値づけたりする過程であるが、単にそれらの物理的移転だけでなく、消費者の欲求をできるだけよく満足させるような方法で、生産地点から最終消費地点まで流すための経済過程である」と、またT.N. ベックマン(T.N. Beckman)は「経済財ならびにサービスに対する需要構造を、かかる商品ならびにサービスのコンセプション、プロモーション、取引、ならびに物的流通を通じて予知あるいは拡大し、また満足させる社会におけるプロセスである」と述べている。
 
マーケティング経路
販売経路ともいう。流通を構成する個々の企業、とりわけ起点の位置にある製造業あるいは生産者の視点からとらえた自己の財貨もしくはサービスの流れの経路・コースを意味する概念。
 
マーケティング効率
マーケティング効率には2通りの意味がある。狭義では、マーケティング全体に対して、それを構成する諸活動である市場調査、製品計画、販売活動、販売経路、広告宣伝および販売促進といった個別の立場からなされる、個別費用額に対する成果(成果/費用)の測定であり、マーケティング・コスト配分のなされ方による貢献度の検討である。ここにマーケティング・ミックスの重要さを知ることができる。
 
マーケティング・サイエンス
マーケティング科学ともいう。1945年にコンバースがマーケティングの科学的地位に関する問題提起の論文を発表してから、マーケティングは科学か技術かについて多年にわたり論議されてきた。E.T. グレサー(E.T. Grether)は、マーケティング・サイエンスを一層発展させるために必要なものは、①マーケティングの事実を分析するたまのよきツール、②マーケティング現象に関する正しい問題提起をするのに役立ち、また拡大された重要な意味をもつ秩序だったパターンに事実を適合させるのに役立つような概念の枠の開発である、と述べている。
 
マーケティング・マップ
一般消費市場をいくつかの地域別ブロックにわけ、各地域ブロックの地域別ブロックの市場に分析し、その分析結果を図表ならびにその説明によって、明確かつ一覧的に表現したマップ。
 
マルチプル・アド
雑誌などで、一広告主が数ページにわたって掲載する広告をマルチプル・アド、あるいは多ページ広告といわれる。
 
ミクロ売上分析/microsales analysis
 売上目標を達成できなかった個々の製品や地域を検討すること。
 
ミッション・ステートメント/mission statements
 組織がマネジャー、従業員、そして(多くの場合)顧客と共有するために作成した声明。
 
ミクロ・マーケティング
経済システム内の個別企業の立場からマーケティング問題をとらえようとするもの。今日、通常いわれているマーケティングは、このミクロ・マーケティングを意味する。
 
ミクロ・マーケティング決定モデル
ミクロの経済主体としての企業のマーケティング上の意思決定に用いられるモデル。その中に流通決定モデル、価格決定モデル、販売員決定モデル、広告決定モデルという4つのモデルのカテゴリーを設けている。
 
メタ・マーケティング
メタ・マーケティングはさらに概念的組成の枠を拡大し、システムズ・アプローチやそれと関連をもつインターディシプリナリー・アプローチなどを含む総合的なアプローチとして想定されるところの新しい試みである。
 
メガトレンド/megatrends
 社会、経済、政治、技術の大きな変化で、ゆっくりと形成されるが、ひとたび起これば、7~10年、あるいはもっと長く影響を及ぼす。
 
メガマーケティング/megamarketing
 特定市場に参入し事業を展開するため、経済的スキル、心理的スキル、政治的スキル、
パブリック・リレーションズ・スキルを戦略的に調整して、多くの当事者の協力を得る
マーケティング手法
 
メンタル・アカウンティング(心の会計)/mental accounting
消費者が選択から生じる金銭的な結果を符号化し、分類し、評価する方法のこと。
 
メンテナンスと修理/maintenance and repair
 顧客が購入した製品を良好な作動状態に保つためのサービス・プログラム。
 
メンバーシップ・グル―プ/membership groups
 個人に直接影響を与える集団。
目標設定/goal formulation
 啓格対象期間の具体的な目標を設定するプロセス
 
最寄品/convenience goods
 消費者が頻繁に、即座に、最小限の努力で購入する商品

「マネジメント用語集 マーケティング ま行」の意味を知る

マネジメント用語集 行動科学 ま行

カテゴリ:ま行

 ま行

マーティン・セグリマン
 ペンシルバニア大学教授。「世界でひとつだけの幸せ」(アスペクト)、
 「オブティミストはなぜ成功するか」(講談社)など。
 
マニュアル編重主義
 マニュアルを作成する企業は多いが、マニュアルを絶対視するのはよ
 くない。金科玉条は思考停止を招き、マイクロマネジメントの罠に
 陥りかねない。
 
MORSの法則
 これに当てはまらないものは行動とは認められない。裏を返せば、この
 定義に当てはめることによってその行動を習慣化することができる。
 
六十秒間ルール
 行動の直後にリインフォースを行うとき、この「直後」とは、実際
 には六十秒以内ということ。行動が発生してから60秒以内にリイン
 フォースしなければ、行動を再び繰り返すことに繋がらない。
 
動物行動学
 生物学の一分野で英語名はethology。動物の行動がいかなる原理に基
づいてなされるかを科学的に解明しようとする学問。鳥類の刷り込み(イ
ンプリィンティング)を発見したコンラート・ローレンツが有名である。
日本では日高敏隆氏の名が知られている。
 
デントン紙幣
 行動科学マネジメントにおけるごほうびの一種。事例として大変分か
 りやすく、講演や書物でしばしば取り上げられる。
 
クオリティ評価法
 単純に行動を数値化し測定できない場合の評価法。複雑な連続した行
 動のつながりを測定するため、基準値を設定してその基準地に従って
測定をする方法。
 
コミュニケーションシート
 会社としてぜひやってほしい項目を列挙したもの。上司にはこのシート
 によって部下の行動を評価する。
 
成長対話
 目標を達成しようとする部下をサポートするため、上司が目的を持っ
 て対話すること。部下の育成に有効とされている。
 
トークン
 社内でだけ通用する擬似通貨。ポイント制でもよい、具体的なニーズ
 のあるものと交換可能な制度を確立しておくことが重要で、その制度
 をトークン・エコノミー・システムという。
 
貢献項目リスト
 個々人の欲しがっているものを把握するツールとして個別分析シート
 がある。貢献項目リストはそれを補強するツールである。
 
プライドカード
 望ましい行動をした生徒に与えるごほうびの一種。ポイントカードと
 違い、品物とは交換できない。プライドカードはカード全体に価値が
 あり、これをもらえることは大変な名誉なのである。
 
モーニングサイド・アカデミー
 日本でも学習障害や注意欠陥多動性障害(ADHD)が増加傾向にあ
 ることから、マスコミなどで取り上げられる日もちかいであろう。
 

「マネジメント用語集 行動科学 ま行」の意味を知る

マネジメント用語集 行動科学 ま行

カテゴリ:ま行

 ま行

マーティン・セグリマン
 ペンシルバニア大学教授。「世界でひとつだけの幸せ」(アスペクト)、
 「オブティミストはなぜ成功するか」(講談社)など。
 
マニュアル編重主義
 マニュアルを作成する企業は多いが、マニュアルを絶対視するのはよ
 くない。金科玉条は思考停止を招き、マイクロマネジメントの罠に
 陥りかねない。
 
MORSの法則
 これに当てはまらないものは行動とは認められない。裏を返せば、この
 定義に当てはめることによってその行動を習慣化することができる。
 
六十秒間ルール
 行動の直後にリインフォースを行うとき、この「直後」とは、実際
 には六十秒以内ということ。行動が発生してから60秒以内にリイン
 フォースしなければ、行動を再び繰り返すことに繋がらない。
 
動物行動学
 生物学の一分野で英語名はethology。動物の行動がいかなる原理に基
づいてなされるかを科学的に解明しようとする学問。鳥類の刷り込み(イ
ンプリィンティング)を発見したコンラート・ローレンツが有名である。
日本では日高敏隆氏の名が知られている。
 
デントン紙幣
 行動科学マネジメントにおけるごほうびの一種。事例として大変分か
 りやすく、講演や書物でしばしば取り上げられる。
 
クオリティ評価法
 単純に行動を数値化し測定できない場合の評価法。複雑な連続した行
 動のつながりを測定するため、基準値を設定してその基準地に従って
測定をする方法。
 
コミュニケーションシート
 会社としてぜひやってほしい項目を列挙したもの。上司にはこのシート
 によって部下の行動を評価する。
 
成長対話
 目標を達成しようとする部下をサポートするため、上司が目的を持っ
 て対話すること。部下の育成に有効とされている。
 
トークン
 社内でだけ通用する擬似通貨。ポイント制でもよい、具体的なニーズ
 のあるものと交換可能な制度を確立しておくことが重要で、その制度
 をトークン・エコノミー・システムという。
 
貢献項目リスト
 個々人の欲しがっているものを把握するツールとして個別分析シート
 がある。貢献項目リストはそれを補強するツールである。
 
プライドカード
 望ましい行動をした生徒に与えるごほうびの一種。ポイントカードと
 違い、品物とは交換できない。プライドカードはカード全体に価値が
 あり、これをもらえることは大変な名誉なのである。
 
モーニングサイド・アカデミー
 日本でも学習障害や注意欠陥多動性障害(ADHD)が増加傾向にあ
 ることから、マスコミなどで取り上げられる日もちかいであろう。
 

「マネジメント用語集 行動科学 ま行」の意味を知る