マネジメント用語集

HOME > マネジメント用語集 > 行動科学

頭文字から探す

カテゴリーから探す

入力して探す

行動科学の用語

マネジメント用語集 行動科学 あ行

カテゴリ:あ行

 あ行

インストラクショナル・デザイン
 モーニングサイド・アカデミーの成功によって、アメリカの教育界で
 脚光を浴びている。日本でも法政大学の島宗氏が同名の本を出してい
 る。
 
ADHD
 発達障害の一種。注意力が散漫で、ひとつのことに集中できず授業中
 に立ちあがったり、教室内を歩き回ったりする。衝動的な行動が目立
 ち、じっとしていられない、大人にも見られる。
 
ABCモデル
 スキナーが提唱した概念。三項随伴性ともいう。人間の行動は先行条
 件(Antecedent)・行動(Behavior)・結果(Consequence)の三つから
 成っている。これから変えようとする問題行動もABCモデルか
 らなっているため、それを分析することが問題解決の第一歩である。
 
応用行動分析主義
 行動分析学の一分野で、研究知見を実社会で活用しようとする実践的
 学問。障害児教育への応用から始まったが、現在では、医療・福祉・教育・
 産業へと応用範囲が広がっている。

「マネジメント用語集 行動科学 あ行」の意味を知る

マネジメント用語集 行動科学 か行

カテゴリ:か行

 か行

        
カンバン方式
 トヨタが発案した生産管理法。必要なものを、必要なとき、必要なだ
 け作り、在庫をできるだけ持つまいとする。ジャストインタイム生産
 方式。
 
行動の分解
 初めてのことをするとき、たいていの人はやり方を知らないため失敗
 する。最初からうまく出来る人はどく一部に過ぎない。行動科学マネ
 ジメントでは、このような場合にまず行動を分析して考える。たとえ
 ば車を売るとき、新入社員に「売ってこい」と命じてもそう簡単には
 ここでつまずいて自信を失うケースが多い。「車を売る」という行動を
 分解すると、どのようなステップを踏めば車が売れるか具体的に分か
 る。
 
個別分析シート
 その人のニード(必要性)とメソッドを知るためのツール。ある人に
行動させようとするとき、その「欲しいもの」と行動を直結させる
と上手くいきやすい。欲しいものが必ずしもお金であるとは限らない。
 
行動分析学
 心理学や動物行動学をベースに、人間の行動原理を明らかにしようと
 する学問。行動科学マネジメントの基礎となった。
 
コンピテンシー
 一般的に「高業績者の行動特性」と訳される。アメリカの心理学者マク
 レランドが提唱した。常に高い業績を上げる人の行動を分析し、そこに
 見られる特徴を他の人に応用すれば業績が上がるとする考え方。

「マネジメント用語集 行動科学 か行」の意味を知る

マネジメント用語集 行動科学 さ行

カテゴリ:カテゴリーから探す

 さ行

サブゴール
 目標を示すことでモチベーションを高めようとするのも一つの方法だ
 が、最終目標だけではうまくいかないことが多い。示された目標を「高
 すぎる」と感じたとき、人は行動あを躊躇する。もしくは最初からあき
 らめてしまう。そこでサブゴール(中間ゴール)を設けるのである。
 
 
実験再現性
 ある仮説を立証しようとするとき同一条件の下で墜死した場合に必
 ず同じ結果が得られること。実験再現性がなければ因果関係を立証し
 たことにならない。水を電気分解すると必ず酸素と水素が得られる。
 これが実験再減少である。
 
 
スキナー
 行動分析学の創始者。人間の自発的行動というあいまいな領域に初め
 て科学を持ち込んだ。
 
先行条件
 ビジネスにおける先行条件の代表例は、数値目標などのゴール設定で
 ある。
 

「マネジメント用語集 行動科学 さ行」の意味を知る

マネジメント用語集 行動科学 た行

カテゴリ:た行

 た行

 

成果主義、能力主義
 個人の能力を重視する組織運営の形態。ある人がどれだけ具体的な成
果を出したかを見て給与その他の評価を与えようとするもので、旧来
の日本型マネジメントとは対極にある。バブル崩壊以降、多くの日本
企業が成果主義、能力主義を積極的に取り入れたが、これによってモ
チベーションが高まったのはごく一部のトップ社員にとどまった。多
くの社員は勤労意欲を失い、結果的に会社全体の競争力を下げてしまっ
た・そればかりか、会社に対する忠誠心や社会的モラルお低下を招く
など弊害が多い。
 
徹底的行動主義
 意識(こころ)を明らかにする為に行動を調べるのではなく、明か
 かにすべきは行動であり、意識やし好も行動の一部といなして研究す
 るという考え方。徹底的行動主義はまた徹底的環境主義でもある。
 
チェックリスト
 行動のやり方を具体的に教えるためのツール。細分化された行動を文
書化したもので何十項目、場合によっては百項目以上にわたる。各項
目を自分でチェックしていくと、できる部分とできない部分が明かに
なる。できない部分をトレーニングすることで効率的に上達する。
鼓動科学マネジメントで特に重視するツールである。
 
ディスクレーショナリー・エフォート
 自発的行動を言い換えてもよい。各人のディスクレーショナリー・エ
 フォードを引き上げることが全社的に業績を上げる近道である。
 
 

「マネジメント用語集 行動科学 た行」の意味を知る

マネジメント用語集 行動科学 は行

カテゴリ:は行

は行
 
 
パフォーマンス評価
 成果を客観的な基準によって評価しようとする方法。アメリカで普及
 しつつあるが、実際に運用されている事例を見ると、人を罰すること
 で行動を律しようとしているケースが多い。
 
ポイントカード
 行動の動機づけを促すためのツール。ある行動をした時、上司は「よ
 くやった」と言葉をかけて本人の努力を認めなければならないが、そ
 のたびに言葉をかけるのは不可能に近い。そこで、言葉の代わりに
 ポイントを与える。「この行動をすればポイントがもらえる」という因
 果関係を作ると、人は必ず行動したくなる。一定数のポイントがたまっ
 た人にはコーヒーチケットや休憩タイムをプレゼントすることが多い。
 成果を上げたときではなく、行動をした時にポイントを与えるのが
 正しいやり方。
 
 
プロセスマネジメント
 最適なプロセスを設計し、それをもとにシステムを作り上げていく方
法。近年、日本でも注目されている。
 
マイクロマネジメント
 部下に最も嫌われるマネジメント手法。独断、押し付け、指図などを
 招きやすいが、マネジャー本人はなかなかそれに気付かない。ある種
 のひとは、この手法をやり始めると部下の管理に嗜虐的な喜びを見出す
 ようである。
 
反復トレーニング
 チェックリストを渡しただけで安心してはいけない。できない部分を
 徹底的に反復させ、できるようになるまで繰り返す。行動を変えるに
 は反復トレーニングが必要である。
 
パフォーマンスマップ
 分解した行動を一目で見ることができるようにマップにしたもの。
 
 
 PIP分析
 会社や個人のポテンシャルを割り出す方法。行動科学マネジメントを
 取り入れた場合の効果が予想できる。
 
PIC/NIC分析
 ある行動が継続しやすいかどうかを客観的に判定する手法で、ADI
 社が開発した。PIC/NIC分析を用いると、タバコがやめられな
 い理由もダイエットできない理由も明白となる。日本向けにアレンジ
 したものを特に「PST分析法」と名付けた。
 
PST分析
 Positive・Sokuji・Tashikaの頭文字から命名した。PSTに当ては
 まる行動は継続しやすい。
 
プレマックの原理
行動にはその場面で起こりやすいものと起こりにくいものがある。起
こりやすいものを制限して、起こりにくいものをやったら起こりやす
いものを許すという場面にすると、起こりにくかった行動が強められ
てよく起こるようになる。これをプレマックの原理と言う。人間は嫌い
なこと、苦手なことを後回しにしようとする。これを克服する知恵と
好きなおかずを最後まで取っておき、嫌いなおかずをきれいに食べさ
せる子育ての知恵である。この場合、好きなおかずそのものが「ごほ
うび」となるため、嫌いなおかずを食べるようになる。
 
ポイント制限

 行動を促すポイントカードを活用したマネジメント。 

「マネジメント用語集 行動科学 は行」の意味を知る