HOME > セミナー/講座 > 教える技術実践編 3日間完成コース
教える技術実践編 3日間完成コース


1200社以上の導入事例を元に、
明日から現場で即活用できるようにカスタマイズ!
「会社にこの技術を取り入れたいが、イチから実践・検証している時間がない」
「新年度に向けて、組織・部署に一刻も早く、この教える技術を落とし込みたい」
「書籍を読んだだけではよく分からないので、身をもって体験したい」


そのような方へ「教える技術」をあなたの組織で活用できるよう、カスタマイズした「3日間で完全修得できる実践的セミナー」です。

書籍だけではお伝えできない内容を、講師が直接少人数でわかりやすく、即活用できるよう徹底指導します。 また毎回、現場に即したメソッドをグループワーク形式で修得しますので、翌日会社にてすぐに実践いただけます。


教える技術実践編の特徴
セミナーの特徴

・最新行動分析学をベースに、教える技術を具体的に社内で活用する手法を学びます
・グループワークを中心に、部下への正しい教え方を現場に即した内容で学びます
・部下への正しい褒め方、叱り方を現場に即した実践ワークで学びます
・行動科学をベースに、部下を正しくかつ短期間で育てるための育成設計書を作成します

ページの先頭へ

行動科学マネジメントとは

今から50年前にアメリカの心理学者B.Fスキナー氏が、「行動分析学」という学問を起こし、そこから発展してきたマネジメント手法です。なかでも、私たちが日常的な場面で遭遇するさまざまな問題に対して、行動分析学が明らかにした人間の行動原理を応用する実学を「応用行動分析学」と呼びます。この考え方を、チームマネジメントやセルフマネジメントに応用し、日本風にアレンジしたものが行動科学マネジメントです。

行動科学マネジメントは、"科学"であるが故に 「性別、能力、意志、やる気に関係なく短期間で即戦力化させる」画期的な手法です。ここ数年、業種・業界を問わず、多くの組織が人材育成やマネジメントに行動科学を利用し始めています。

この行動科学マネジメントがTV・メディア・書籍でも高く評価され、多くの企業からご支持を頂くのは、今の時代に合わせた方法で、しかも『科学的な理論』を使って、 実際に日米で成果を上げているからなのです。
>>メディア掲載 >>行動科学マネジメント書籍

元々アメリカのビジネス界で大きな成果を上げている行動分析、行動心理を元に作られ、精神論とは一切関係なく「行動に焦点をあて、誰がやっても成果を生み出す」科学的で実用的なメソッドとして注目を浴びました。

そしてこのメソッドを導入した、ボーイング・NASA・3M・ウォルマート… などの欧米一流企業が次々と大成功を収めたのです。現在も、全米603社、日本でも1254社の導入による成功実績が証明され、大企業から中小企業まで応用できる極めてシンプルなメソッドとしてご支持を頂いております。



ページの先頭へ

教える技術について

経営者、現場リーダー層から短期間で「8割のできない人」を「できる人」に変えると絶大な支持を集める、行動科学マネジメント日本第一人者石田淳の「教える技術」。「ほめ方」「しかり方」はもちろん、新人・中途社員・大人数など場面で使えるメソッドを書籍「教える技術」にて出版紹介。多くの指導者から支持され、10万部を超えるベストセラーとなる。「行動」を変えれば、人が変わり、会社も変わることを実感できる指導者・リーダーのための書籍。

ページの先頭へ

過去参加者の声

・教える技術セミナーには初めて参加したのですが、初心者でも分かりやすくタイトル通り現場ですぐにでも使えそうな内容ばかりでした。新入社員への教え方に大変困っていたので、早速社内で実践してみます。
(IT業 マネージャー 30代男性)

・2年目の新入社員が部下にいるのですが、どう扱ってよいのかホトホト困っていました。そんな時このセミナーを見つけて参加させて頂きました。教え方に対する自分の姿勢が間違っているのに気づかされ、金槌で頭を叩かれたような衝撃を受けました。 徹底的に指導していただき、指導への自信が湧きました。ありがとうございました!
(食品業 部長 60代男性)

・以前、入門セミナーを受けて、今回この実践編に参加しました。前回の復習もキッチリやりつつも、応用編メソッドをグループ形式でみっちり教えて頂きました。自社への落し込み方法なども徹底指導して頂き、とても有意義なセミナーを過ごさせて頂きました。 受講しておいて本当によかったと思います。内容がとても濃かったので、また定期的に参加したいと思います。
(医薬品業 課長代理 40代女性)

ページの先頭へ

セミナー参加資格条件

・どなたでも参加可

※同業の方はご遠慮ください

ページの先頭へ

期待できる効果

・ 短期間で部下を育成する仕組みを構築できる
・ 部下が辞めない仕組みを構築できる
・ 部下とのコミュニケーションを円滑に構築できる
・ 部下一人ひとりの潜在能力を最大限に引き出すことができる

ページの先頭へ

セミナーの特徴

【3日間の主な内容】

・マネジメントの変遷、行動に焦点をあてる意義
・部下指導者が持つべき3つの基礎
・人ができないたった2つの理由
・「やり方」を身につけるための3ステップ
・行動の分解:セルフワーク/グループワーク
・望ましい行動を引き出すこと
・「知識」と「技能」に分ける:セルフワーク/グループワーク
・コミュニケーションデザイン、情報格差:セルフワーク/グループワーク
・自分と部下のコミュニケーションスタイルは?
・チームビルディングアクティビティ:セルフワーク/グループワーク
・MORSの原則 
・スモールゴールを設定する
・トータルリワードを活用したチームマネジメント
・部下のモチベーションの状態を知る
・部下の話をなぜ聴くのか?:セルフワーク/グループワーク
・サンキューカードゲーム:グループワーク
・行動継続のためのABCモデルについて
・継続のためのテクニック
 └計測とフィードバック
 └行動の数を目に見える形にする
 └100点をとる成功体験
 └「自分も叱られて育った」は関係ない
 └大きなミスを叱らない・小さな行動を叱る
 └良い行動を探すノルマ
 └「褒める」行為は行動を強化する
 └「どう褒めるか」よりも重要なこと
 └第3者を使った褒め効果
 └部下の褒め方
・行動契約書:セルフワーク/グループワーク
・ABCモデル応用
・PST分析
 └結果条件の3視点:セルフワーク/グループワーク
 └継続させるための効果的方法
・はじめてのお使い:セルフワーク/グループワーク
 └チェイニングとシェイピング
・部下を育てるインストラクショナルデザイン
 └育成設計書づくり:セルフワーク/グループワーク
・部下の行動自発率を高める面談:セルフワーク/グループワーク
・行動とコミュニケーションのアクションプラン:セルフワーク/グループワーク

  など…

※内容は若干変更することがございます。

ページの先頭へ

開催概要

【参加資格条件】:どなたでも参加可 ※同業の方はご遠慮ください

【日程】:2月27日(金)・3月5日(木)・3月19日(木)※計3日間
【時間】:13:30~17:00 〔開場:13:00〕
【会場】:2月27日(金) 東京国際フォーラム
     :3月5日(木) 東京国際フォーラム
     :3月19日(木) 神楽坂HCスタジオ
【定員】:18名(1社3名様まで)
【費用】:180,000円(税別) 同企業2人目150,000円(税別)
【懇親会】:最終日に開催(任意) 費用:未定
【特典】:行動科学マスタリーコース(2015年10月開催)を30%OFFで受講いただけます

【お問合せ】:http://www.will-pm.jp/contact/ ※詳細は、お申込者に別途ご連絡いたします

ページの先頭へ

スケジュール

当セミナーへの参加をご希望いただきありがとうございます。
下記項目にご記入後、「記入項目の確認画面に進む」ボタンを押してください。
機種依存文字を入力すると文字化けする場合がありますので、使用しないようにお願いします。
【機種依存文字サンプルはこちら】

セミナー
参加日程[必須]
懇親会の参加[必須]
お名前[必須]
(例:行動 太郎)
お名前フリガナ[必須]
(例:コウドウタロウ)
貴社名[必須]

(例:株式会社ウィルPMインターナショナル)
貴社名フリガナ[必須]

(例:カブシキカイシャウィルピーエムインターナショナル)
部署名[必須]

(例:人事部)
役職[必須]

(例:課長 ※役職がない方は、欄に「なし」とご記入下さい)
メールアドレス[必須]
 
メールアドレス確認[必須]
電話番号[必須]
(例: 0120-052-586 )
携帯番号[必須]
(例: 090-0000-1111 )
希望連絡先[必須]
FAX番号
URL
(例:http://www.will-pm.jp/)
性別[必須]
年代[必須]
郵便番号[必須]
(例: 107-0052)
都道府県[必須]
住所[必須]

(例: 東京都港区高輪3丁目23-17 品川センタービルディング4F )
※資料等を郵送する場合がございますので、「建物名・部屋番号等」正確にご記入ください
セミナーを知ったきっかけ
[必須]

例:雑誌・チラシ・書籍(書籍名)・ネットサーフィン・Facebook・twitter・メルマガ・ブログ・当社からのご案内メール・知人の紹介(ご紹介者名) など
※雑誌名や・その他の方は具体的にお書き下さい。
備考
[必須]
このセミナーで一番お聞きになりたいことは何ですか?
その他、人材育成に関してご興味のあること等、お気軽にお書きください。

ご登録頂いたお客様の情報は、請求・申込いただいた事項への対応及びそれに関連する株式会社ウィルPMインターナショナルのサービス等のご案内のために利用させていただきます。
お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先及び共同利用者以外の第三者に開示・提供することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。
お客様の個人情報は、株式会社ウィルPMインターナショナルにて管理させていただきます。
詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

また有料セミナーのキャンセルについて必ずお読みください。
申込時は、こちらに同意されたものとしてお手続きを開始いたします。

ページの先頭へ