株式会社 京王プラザホテル-研修導入

人事部人事開発支配人 城所明未氏インタビュー

城所明未

目次

■「生産性向上」のために研修を設けたきっかけは?
■そのなかであえて「行動科学マネジメント」の研修を選んだ理由は何ですか?
■生産性向上に関して具体的に「目指していること」とは何でしょうか?
■生産性向上に際してホテル業ならではの問題はありますか?
■行動科学マネジメントの研修後に社員の方から出た具体的な施策はありますか?
■今後あらたに考えている取り組みなどがあれば教えてください。

 

■「生産性向上」のために研修を設けたきっかけは?

今はとにかく「時間管理」に厳しくなった時代です。仕事を開始した時間、終わった時間、職場の建物に入った時間、出た時間……私たちの会社でもそれを1週間ごとに集計して厳しく管理するようになりました。

 

そもそも今、時間管理に関しては、ホテル業に限らず厳しくみられる傾向があります。

 

2008年に、長時間残業にもかかわらず残業代が支払われない「名ばかり」店長の問題が注目されて以来、特に厳しくなったように思われます。

 

私たち京王グループはサービス業という生活関連産業を持っているグループです。普通に仕事をしていたらどうしても残業になりがちだということで、グループ全体で「長時間労働対策」の取り組みが強くなされています。

 

でも、単純に「労働時間を減らせ」といっても、現実的には、仕事の量そのものを減らさないかぎりそれはできません。社長自ら賞与支給式や年賀式、キックオフ会議など、全社に向けて話をするタイミングで「仕事を減らしてださい」ということはいっているのですが、それに対してスタッフ一人ひとりが個々に考えるのは大変なことです。そこで「生産性向上研修」というものを設けたのです。

 

 

■そのなかであえて「行動科学マネジメント」の研修を選んだ理由は何ですか?

 

私たちのホテルの多くのスタッフは、仕事柄、日常的にPCを使っての仕事はしていません。そこで、「PCに依存しないで行える生産性向上のアプローチはないだろうか?」という視点でいろいろな手法を探していたところ、行動科学マネジメントを見つけました。

〜〜〜

全文は下記からダウンロードできます。

 

株式会社京王プラザホテル

https://www.keioplaza.co.jp/

 

行動科学マネジメント研究所 公認 上席インストラクター 上席コンサルタント 甲畑

※ 著作権所有者の許可なく、本資料を複製、転載、改変、編集、再配布、ネットでの公開、販売等することはできません。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。また、秘匿性の高い内容を保護する見地から、自社・個人での活用目的以外で、営利目的の有無を問わず故意・過失によらず情報の公開をした場合は、株式会社ウィルPMインターナショナルより法的措置を講ずることとなります。予めご了承ください。

 

クリックして、フォームよりご相談・お申し込みください。

電話にてお問い合わせする場合は下記からお願いします。