HOME > ウィルPMについて > 成立と歴史
ウィルPMの成立ちと歴史
石田淳写真
2005年代表石田淳は、米国ADI社が提唱するマネジメント理論を学ぶため渡米しました。その理論とは、NASAなど600社以上が導入し、アメリカのビジネス界で絶大な成果を上げる、『人間の行動を科学的に分析する行動分析学』、行動心理学を用いたものです。

現地で学んだ石田は、帰国後自ら創業したグループ会社にて理論を実践、組織をたった5年で10倍にまで成長させました。その過程において日本人に適したものにアレンジを加え「行動科学マネジメント」として確立をしました。

実体験をベースに企業サポートを展開、精神論とは一切関係なく、行動に焦点を当てた科学的で実用的なマネジメント手法は、短期間で8割の「できない人」を「できる人」に変えると、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集めることになります。社員のやる気を引き出し、会社全体のパフォーマンスを向上させるメソッドは、組織のリーダーに必須のスキルです。

これまでにサポートしてきた企業は600社以上、ビジネスパーソンはのべ10,000人以上に上がります。ウィルPMは日本で唯一、行動科学メソッドを提唱し、研修やコンサルティングを本格実施できる企業として成長しています。

近年は労働者の意識、働き方自体が根底から変わりつつあるため、日本で最優先されるべき課題はマネジメントの変革です。その企業経営において、最も重要なもののひとつは人材の育成です。なぜなら、ビジネスは人の行動の集積であり、人の行動が集積してこそ事業は成長します。

しかし、多くの企業では、意欲ある人材を活かし切れていないのが実情です。人そのものに焦点をあて、「人の行動」に焦点を当てていないからです。 具体的な仕組みを企業に提供できるメソッドは決して多くありません。「結果は行動の蓄積である」というシンプルな原理を基本とする行動科学マネジメントこそ、日本の将来を保障するメソッドのひとつです。

人の行動が変わらない限り、企業の未来は変わりません。 裏返して言えば、「人の行動さえ変わることができれば企業も変わる」のです。 私たちウィルPMは、人間の行動原理に基づいた手法を効果的に導入することで、例えば職場ストレスを削減し、コミュニケーションを深め、1人ひとりの自主性を向上させることが可能です。

行動科学マネジメントによって、人間らしい温かみに満ちた環境の中で、現状に苦しむ多くの日本企業が成長を遂げられるとウィルPMは信じています。

※ADIとは・・ ADI社は、世界で唯一、行動科学マネジメントを活用し企業支援を行うアメリカのコンサルティング会社です。30年を越える実績を持ち、科学に基づいた手法、そして豊富なコンテンツと事例は、組織や人材の問題を解決へと大きく前進さえるものとなっています。ミッションは行動科学に基づき、長期にわたって持続できるよう設計された実践的なアプローチで、企業のビジネスパフォーマンスを高めています

ADI

ページの先頭へ